全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝の味 丸ごと 帯広駅周辺「マルシェ」

屋台の前に長い列ができた南側広場会場

 十勝最大の食と音楽の祭典「とかちマルシェ」(同運営協議会主催)が8月31日夕の「ナイトマルシェ」で開幕した。2日目の1日は、午前9時40分からオープニングセレモニーを行い、早速、大勢の市民や観光客が十勝の味覚を満喫した。

 初日は、JR帯広駅北口広場を会場に肉や魚介など多彩な屋台が軒を連ね、家族連れや仕事帰りの会社員らでにぎわった。

 1日のセレモニーでは、とかちマルシェ運営協議会の川田章博会長が「過ぎゆく夏を惜しみ、来たる秋を楽しんで皆さんと盛大に盛り上げたい」とあいさつ。ドラの合図とファンファーレで華やかに開会を告げた。

 この日は、帯広駅南北の全エリアでの営業を開始。屋台での飲食販売の他、ピザ作り体験コーナーも人気だった。家族と訪れた市内の幼児は自作のピザを頬張り、「チーズがおいしい」と笑顔で話していた。

 駅北口ステージでは、吹奏楽部やジャズバンド演奏、南口ステージではダンスショーも開催され、会場を盛り上げた。

 8年目を迎える今年は、管内外から過去最多の133店が参加。新たな試みとして管内15のパン店が十勝産小麦100%で作ったオリジナルパンを披露する。また年々増える来場者に対応するため、駅南口広場ととかちプラザの間の道路を車両通行止めにし、飲食スペースを新設している。

 1日は駅南側会場が午後6時、駅北側広場のダイニングカフェエリアは午後9時まで営業する。2日は全エリアで午前10時から午後4時まで。

関連記事

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

長野日報社

幸せの「高遠ダムパフェ」味わって 11月末まで限定提供

 伊那市は21日、高遠ダムを模したデザート「高遠ダムパフェ」を発表した。ダム湖に面した高遠さくらホテル(同市高遠町)と共同開発。信州の秋の味覚を代表するリンゴをふんだんに使い、ダム本体をジュレ...

紀伊民報社

熊野米台湾へ 田辺の米穀店が輸出

 和歌山県田辺市湊の駅前新通りにある米穀・炊飯販売会社「たがみ」(田上雅信社長)は、地元のブランド米「熊野米」を台湾に輸出した。今後、継続して取引されるよう商談中という。  日本政策金融公庫が顧...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク