全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝の味 丸ごと 帯広駅周辺「マルシェ」

屋台の前に長い列ができた南側広場会場

 十勝最大の食と音楽の祭典「とかちマルシェ」(同運営協議会主催)が8月31日夕の「ナイトマルシェ」で開幕した。2日目の1日は、午前9時40分からオープニングセレモニーを行い、早速、大勢の市民や観光客が十勝の味覚を満喫した。

 初日は、JR帯広駅北口広場を会場に肉や魚介など多彩な屋台が軒を連ね、家族連れや仕事帰りの会社員らでにぎわった。

 1日のセレモニーでは、とかちマルシェ運営協議会の川田章博会長が「過ぎゆく夏を惜しみ、来たる秋を楽しんで皆さんと盛大に盛り上げたい」とあいさつ。ドラの合図とファンファーレで華やかに開会を告げた。

 この日は、帯広駅南北の全エリアでの営業を開始。屋台での飲食販売の他、ピザ作り体験コーナーも人気だった。家族と訪れた市内の幼児は自作のピザを頬張り、「チーズがおいしい」と笑顔で話していた。

 駅北口ステージでは、吹奏楽部やジャズバンド演奏、南口ステージではダンスショーも開催され、会場を盛り上げた。

 8年目を迎える今年は、管内外から過去最多の133店が参加。新たな試みとして管内15のパン店が十勝産小麦100%で作ったオリジナルパンを披露する。また年々増える来場者に対応するため、駅南口広場ととかちプラザの間の道路を車両通行止めにし、飲食スペースを新設している。

 1日は駅南側会場が午後6時、駅北側広場のダイニングカフェエリアは午後9時まで営業する。2日は全エリアで午前10時から午後4時まで。

関連記事

ぷらっと広場でラーメン 「古里の力に」 陸別

 陸別町出身の工藤篤史さん(43)が、商業活性化施設「コミュニティプラザ☆ぷらっと」(町大通)内の1階フリースペース「ぷらっと広場」に、コミュニティカフェ「K’Sキッチン」をオープンさせた。「古里の...

長野日報社

駒ケ根のイチゴ「紅ほっぺ」 台湾へ初出荷

長野県駒ケ根市の農事組合法人北の原は、北の原地区で栽培したイチゴを台湾の台中市で販売する。駒ケ根市では初となるイチゴの輸出。14日には初荷の20ケースが空輸のために関西国際空港へ送られた。2日...

長野日報社

新成人が酒造りに挑戦 辰野の小野酒造店

長野県辰野町小野の小野酒造店で、新成人による酒造りプロジェクト「oresake(オレサケ)」が進められている。町内出身または在勤の男女5人が参加し、地元産の酒米を使った仕込みからラベル制作まで...

長野日報社

涅槃会前に「やしょうま」作り 諏訪市の地蔵寺

釈迦の命日とされる15日の涅槃会を前に、長野県諏訪市岡村の地蔵寺の婦人会(芦沢フサ会長)は12日、米粉で作る郷土菓子「やしょうま」を同寺で作った。涅槃会の供物として北信地方を中心に県内で親しま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク