全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

道路寸断で孤立1週間 不便続く曲川集落

崩落で道路が消えている市道串峠平治川線(30日、田辺市本宮町曲川で)

 和歌山県田辺市本宮町の曲川集落(6世帯11人)が、23、24日の台風20号の影響で道路を寸断され、車の行き来ができない孤立状態になっている。2011年の紀伊半島大水害でも孤立した。当時は道路の復旧に1年半かかった。不便な生活が続く見通しだ。

 曲川と幹線道路を結ぶ市道串峠平治川線は、沿道の斜面ごと延長約150メートルにわたり崩落。斜面は最大で高さ100メートルほどから崩れている。7年前にも同じ場所が崩れたが、規模は今回の方が大きいという。  本宮行政局から曲川には普段、車で15分ほど。現在は車で10分ほどの別集落から山道を30分弱歩く必要がある。30日午後も市職員2人がガソリン20リットルを入れた携行缶を背負って、山を越えた。これまで1日2回ペースで、食料や生活用品、プロパンガスの小型ボンベなどを届けた。被災直後は停電していたため、発電機も運んだ。  7年前を教訓に、市は台風20号接近前の23日昼ごろ、崩落のあった市道を通行止めにした。その際、曲川側に公用車を1台配備。孤立集落内での移動や荷物の運搬の労力を大幅に軽減した。  寸断された道路間に物資を搬送するワイヤロープを渡す作業をしており、9月上旬には使用できる見込みという。  電気は28日、ケーブルテレビも29日に復旧した。ただ、救急や火事の対応など不安は多い。中学生がいる世帯もあり、夏休み明けの通学も課題になっている。  市によると、7年前は集落外への転居を希望する人はいなかったが、今回は複数の世帯が検討しているという。すでに1世帯1人が集落外に身を寄せている。  本宮行政局のある職員は「高齢者が多い集落。7年の時の流れは大きい。ただ、市道が復旧すれば集落に戻りたいのが本音だろう」と話す。  集落では非住家1戸が床上浸水したり、利用していた湧き水が土砂に埋まったりした。それでも、集落自体の被害は少なく、「十分暮らせる」という声も聞くという。  集落の最奥部に1人で住む女性(85)は「大変なこともあるが、生活用品や薬も届けてもらい感謝している。市外に住む子どもは引っ越すように言うけど、やっぱりここに住んでいたい」と話した。

関連記事

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

荘内日報社

地域おこし協力隊員らが「複業」事例発表

 生業や地域づくりを考えるイベント「仕事が無いなら自分で作る?~若者がナリワイを作って活気のある地域に」が14日、三川町文化交流館「アトク先生の館」で開かれ、同町で活動している地域おこし協力隊の伊藤秀...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク