全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

岩戸神楽舞の復活継承に復興委員会設立

奉納される神楽舞

 山口県宇部市万倉の二ツ道祖(ふたつさや)地区に約260年前から伝わる舞「岩戸神楽舞」が、後継者不足により消滅の危機にひんしている。伝統的な舞を復興させようと、地元有志ら10人が30日、万倉ふれあいセンターで復興委員会を設立。掛け替えのない文化財を守るための第一歩を踏み出した。岩戸神楽舞は、毎年12月5日の夜に、地区東部の伊勢山に祭られる皇(こう)大神宮に奉納されていた。「神楽舞」「三宝の舞」など10種12座に天蓋操作が加わり、13座から構成。榊(さかき)、鉾(ほこ)などの採り物を手に舞うのが特徴で、1958年には、県指定無形民俗文化財にも指定された。一家相伝の特技として、長年地元住民らに継承されてきたが、2008年を最後に中断。復活を望む声が多く、復興計画を2度立てたが、資金、人材面で難航した。

 今回は有志らが県の中山間地域振興特別対策事業補助金制度を利用し、復興委員会を設立した。会長には万倉校区コミュニティー推進協議会会長の矢原久登さんが就任。矢原会長は「最後のチャンスだと考える。舞は地域の宝。何としてでも復興させ、次世代に語り継ぎたい」と意気込む。第1回総会では、今後の活動方針について審議。取り組みは、3年計画で実施すること、復興した際には会は解散し、現在ある同舞保存継承会(矢原会長)に引き継ぐことなどを申し合わせた。当面の目標は19年4月のつつじまつりでの仮披露。舞の楽譜の制作、奏者、踊り手の確保、衣装の新調に力を注ぐほか、練習体制の構築にも努める。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク