全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

岩戸神楽舞の復活継承に復興委員会設立

奉納される神楽舞

 山口県宇部市万倉の二ツ道祖(ふたつさや)地区に約260年前から伝わる舞「岩戸神楽舞」が、後継者不足により消滅の危機にひんしている。伝統的な舞を復興させようと、地元有志ら10人が30日、万倉ふれあいセンターで復興委員会を設立。掛け替えのない文化財を守るための第一歩を踏み出した。岩戸神楽舞は、毎年12月5日の夜に、地区東部の伊勢山に祭られる皇(こう)大神宮に奉納されていた。「神楽舞」「三宝の舞」など10種12座に天蓋操作が加わり、13座から構成。榊(さかき)、鉾(ほこ)などの採り物を手に舞うのが特徴で、1958年には、県指定無形民俗文化財にも指定された。一家相伝の特技として、長年地元住民らに継承されてきたが、2008年を最後に中断。復活を望む声が多く、復興計画を2度立てたが、資金、人材面で難航した。

 今回は有志らが県の中山間地域振興特別対策事業補助金制度を利用し、復興委員会を設立した。会長には万倉校区コミュニティー推進協議会会長の矢原久登さんが就任。矢原会長は「最後のチャンスだと考える。舞は地域の宝。何としてでも復興させ、次世代に語り継ぎたい」と意気込む。第1回総会では、今後の活動方針について審議。取り組みは、3年計画で実施すること、復興した際には会は解散し、現在ある同舞保存継承会(矢原会長)に引き継ぐことなどを申し合わせた。当面の目標は19年4月のつつじまつりでの仮披露。舞の楽譜の制作、奏者、踊り手の確保、衣装の新調に力を注ぐほか、練習体制の構築にも努める。

関連記事

荘内日報社

鳥海山初冠雪 うっすらと雪化粧

 酒田市八幡総合支所は20日、鳥海山(標高2236メートル)の今季の初冠雪を観測したと発表した。昨年より16日、平年より9日それぞれ遅い観測となった。  酒田測候所が無人化された2009年10月以降、平場の同市...

来年10月に運賃値上げ JR北海道が経営改善策

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

宇部日報社

山陽小野田市にコウノトリ3羽

 幸せを呼ぶ鳥といわれるコウノトリが、山口県山陽小野田市有帆地区の水田や河川に居付いており、住民が「かわいいね」と目を細めている。20日朝、有帆にある実家近くでイヌの散歩をしていた谷口貴子さん(...

北羽新報社

笑いあり涙あり、ミュージカル熱演

 能代支援学校(佐藤淳校長)の第23回ミュージカル「オオカミ少年~ひとりじゃないから~」は19日、能代市文化会館大ホールで上演された。高等部生徒37人が舞台に立ち、羊飼いの少年とその友達を中心とする笑...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク