全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

満寿屋と畜大 新作パン 耳まで白い・わさび種 帯広

新商品をPRするメンバー。右から山内教授、小田センター長、相内さん、寺山さん、岡田工場長、杉山会長、天方部長

 満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)と帯広畜産大(奥田潔学長)は共同研究で、耳まで白い独自製法の食パンと、わさびを発酵種としたライ麦パンを開発した。このうち、わさび種は特許を出願した。満寿屋はこの2種を使った新商品4品の販売を2日から帯広市内の麦音で始める。

 耳まで白い食パンは、両者共同開発で特許出願申請中の「炊き種製法」を使った。100度前後で1時間ほど焼き上げ、「真空冷却機」で一気に温度を40~50度まで下げる製法。炊き種を加えることで甘みが増し、しっとり感も継続することが、帯畜大による科学的数値でも示された。

 わさび種は小麦粉と水を加えて発酵させる「ルヴァン種」の製法を活用。通常のルヴァン種に比べ、3日ほど早く種が仕上がるほか、乳酸菌量が通常製法より大幅に増えるデータも取れた。担当の山内宏昭教授(生命・食料科学研究部門)は「わさび種はこれまで文献などを探してもなかった」と説明した。

 耳まで白い食パンは「満白(ましろ)」(1斤270円)、フルーツサンド(260円)、わさび種のライ麦パンは「ファーマーズブロート」(ハーフで750円)、ローストビーフのオープンサンド(398円)として商品化した。

 1日午前9時半から帯畜大で発表会が行われ、畜大側は小田有二地域連携推進センター長や山内教授、満白食パン開発に携わった大学院2年の寺山采花さん(24)とセンター技術職員の相内由紀子さん、満寿屋側は杉山輝子会長や天方慎治地産地消部長、岡田昌樹木野工場長が参加した。

関連記事

釧路新聞社

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

 釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するという...

長野日報社

中ア、ようやく夏本番 長梅雨明けて登山者の姿

 記録的な長い梅雨が明け、中央アルプスにもようやく本格的な夏山シーズンが訪れた。4日には千畳敷から主峰・駒ケ岳(2956メートル)に至る登山道に多くの登山者や観光客の姿が。訪れた人は思い思いに...

荘内日報社

鶴岡東ナイン県優勝 地元鶴岡市に報告

 甲子園交流大会(16日、日本航空石川戦)に出場する鶴岡東高の一行3人が4日、鶴岡市役所に皆川治市長を表敬した。齋藤哲校長、佐藤俊監督、鈴木喬主将の3人で、県高校野球大会2020の優勝を手土産代わりに訪れた...

紀伊民報社

和歌山県がテレワーク研修会

 新型コロナウイルスの影響で、在宅などで仕事するテレワークが注目されている。都市部で普及しているが、地方にも利点の多い働き方だという。和歌山県は9月、テレワークの基礎的な技術を身に付ける研修会を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク