全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

満寿屋と畜大 新作パン 耳まで白い・わさび種 帯広

新商品をPRするメンバー。右から山内教授、小田センター長、相内さん、寺山さん、岡田工場長、杉山会長、天方部長

 満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)と帯広畜産大(奥田潔学長)は共同研究で、耳まで白い独自製法の食パンと、わさびを発酵種としたライ麦パンを開発した。このうち、わさび種は特許を出願した。満寿屋はこの2種を使った新商品4品の販売を2日から帯広市内の麦音で始める。

 耳まで白い食パンは、両者共同開発で特許出願申請中の「炊き種製法」を使った。100度前後で1時間ほど焼き上げ、「真空冷却機」で一気に温度を40~50度まで下げる製法。炊き種を加えることで甘みが増し、しっとり感も継続することが、帯畜大による科学的数値でも示された。

 わさび種は小麦粉と水を加えて発酵させる「ルヴァン種」の製法を活用。通常のルヴァン種に比べ、3日ほど早く種が仕上がるほか、乳酸菌量が通常製法より大幅に増えるデータも取れた。担当の山内宏昭教授(生命・食料科学研究部門)は「わさび種はこれまで文献などを探してもなかった」と説明した。

 耳まで白い食パンは「満白(ましろ)」(1斤270円)、フルーツサンド(260円)、わさび種のライ麦パンは「ファーマーズブロート」(ハーフで750円)、ローストビーフのオープンサンド(398円)として商品化した。

 1日午前9時半から帯畜大で発表会が行われ、畜大側は小田有二地域連携推進センター長や山内教授、満白食パン開発に携わった大学院2年の寺山采花さん(24)とセンター技術職員の相内由紀子さん、満寿屋側は杉山輝子会長や天方慎治地産地消部長、岡田昌樹木野工場長が参加した。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク