全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

絵本「ひとりじゃないよ」完成

蒲郡の小田さん亡き息子の遺志を継ぐ

 今年2月に末期がんで亡くなった小学校教諭の小田太郎さん=蒲郡市、享年29=が、東日本大震災(2011年3月11日)で宮城県石巻市であった津波被害の状況を伝えようと描いた絵本「ひとりじゃないよ」が完成した。父の孝さん(63)は「まもなく防災の日。南海トラフ地震の発生への備えとして考えてもらえれば」と話している。  小田さんは今年2月3日に末期がんのために亡くなった。がんと分かったのは昨年3月で進行性だった。小学校教諭をしていたが休職し、終末期ケアのホスピスを受けたが、蒲郡市内でアパート部屋を借りて1人暮らしをしていた。

 大学卒業時には被災地ボランティアとして石巻市で11年4月から2カ月間活動したり、その後もできる限り現地を訪れて活動を続けた。  絵本は余命宣告を受けた昨年に描いた。津波により、夫と2人の子どもを亡くした女性の経験談をストーリーに、女性が前を向いて生きていくことを伝える。  また、女性からの“お願い”として地震が起きた場合を家族で考えて避難場所やいち早く逃げること、水・食糧・ラジオなどリュックに入れて備えることを載せている。  あとがきで小田さんは「教員になり、自分が伝える側になって6年目になった。余命宣告を受けて何か残さなきゃと絵本を書くことにしました」と経緯を説明している。  孝さんは「南海トラフ地震発生に備えて子どもたちに伝えたいという意志があった。息子が生前に抱いていたことを受け継いでいきたい」とし、200冊を実費頒布(1600円)していくという。  問い合わせは小田孝さん(080・3649・2439)へ。

関連記事

長野日報社

ツリーハウスをクラウドファンディングで 飯島中1年1組が挑戦

 長野県の飯島町飯島中学校1年1組の27人が、インターネットで幅広く支援を募る「クラウドファンディング(CF)」を活用して、町図書館の隣接地に幼い子どもたちが集うツリーハウスを建設しようと取り...

新城市役所に「しんしろギャラリーカフェ」

市の名前由来になった「城」の模型展示  新城市役所本庁舎1階に21日、市の名前の由来になったとされる「新城城(しんしろじょう)」の復元模型の展示と関連する和菓子の販売をする「しんしろギャラリーカフェ...

荘内日報社

鶴岡市加茂地区で戦後から親しまれた 「うさぎやのコロッケ」復活へ

 鶴岡市加茂地区で戦後から60年ほどの間親しまれた「うさぎやのコロッケ」を地域の特産として復活させようと、地元住民らが活動している。20日、加茂コミュニティセンターで試作・試食会があり、素朴なジャガイ...

宇部日報社

レノファ山口が新体制を発表

 サッカーJ2レノファ山口FCの新体制発表会が20日、宇部市の記念会館で開かれた。2019シーズンのスローガン「ORANGE SOUL―山口を魂で染め上げろ」が発表されたほか、新加入選手10人があ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク