全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

いのだ幼が公開保育 ソニー教育特別賞研究会 大豆生田氏、探究心評価

ソニー幼児教育支援プログラム審査委員特別賞実践提案研究会で記念講演が行われた=29日午後、伊野田小学校

 2017年度ソニー幼児教育支援プログラム(公益財団法人ソニー教育財団主催)で優秀園審査委員特別賞に輝いた「いのだ幼稚園」(我那覇隆園長、園児3人)は29日、同賞の実践提案研究会を実施。島内外から保育士など約80人が参加。玉川大学教授の大豆生田(おおまめうだ)啓友氏が「好奇心・探求心を育む保育」の演題で記念講演した。講演前に、同園の公開保育や伊良皆恵理幼稚園教諭が受賞した論文を発表した。

 同園はことし1月に「科学する心(学びの芽)を育てる~身近な自然との関わりを通して~」で特別賞を受賞。入選論文の上位校・園は18年度に研究会を開催している。  大豆生田氏は公開保育で感じた園児の個々のこだわり、子どもたちの体験や知識からなる探求心を評価。「子どもが主体的に学ぶことが大事」と褒め、幼児教育・保育の質の重要性を説いた。

 幼保連携から小学校への接続については、幼児期に自分で問題をつくり解決方法を発見させることで、進学後も学びに向う力が備わり、達成感や自己肯定感も育まれる。「遊びが学びの保障。例えばペットボトルを使った水遊びの中で、その子が何に興味や関心を持ち面白がっているのか見極め、探求心につなげてほしい」と与える環境の大切さを強調した。

 また、協同的な学びの保育について▽子どもの豊かな対話や探求などを通した学びのプロセスの重視▽地域との関わりや科学、アートなどの重視▽学びの可視化を重視して写真を用いたドキュメンテーションなどの作成ーなどを紹介。「遊びっぱなしではなく、その日の出来事を子どもたちと一緒に話し合い、共有する時間も必要」と話した。

関連記事

キガシラセキレイ飛来 国内では珍しい旅鳥

 国内では珍しいキガシラセキレイ1羽が18日、石垣市内の田んぼで観察された。  キガシラセキレイは、体長165~20㌢の野鳥で、シベリア西部やロシア南西部、イラン東部からモンゴルなどにかけて繁殖し...

長野日報社

色づく白樺湖一帯の木々 紅葉始まる

 茅野市郊外の白樺湖一帯で紅葉が始まった。市街地から延びる大門街道沿いの木々も、標高が上がるにつれてオレンジ、黄、赤が増え、観光客やドライバーの目を楽しませている。  白樺湖観光センター(両...

陛下ご即位記念植樹

 豊橋建国記念の日奉祝運営委員会(天野明彦・代表運営委員)は22日、天皇陛下の即位礼正殿の儀に合わせ、豊橋公園で記念植樹を行った。  1965年設立の同会は、これまでも5年ごとに陛下在位を記念...

荘内日報社

ビーガン料理世界大会 渡部さん(酒田市出身)準優勝

 ビーガン料理の世界大会「The Vegetarian Chance2019」が13日にイタリアで開催された。 世界各国から約200人の応募があり、1次選考で残った8人による決戦が行われ、酒田市出身の渡部駿さ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク