全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

いのだ幼が公開保育 ソニー教育特別賞研究会 大豆生田氏、探究心評価

ソニー幼児教育支援プログラム審査委員特別賞実践提案研究会で記念講演が行われた=29日午後、伊野田小学校

 2017年度ソニー幼児教育支援プログラム(公益財団法人ソニー教育財団主催)で優秀園審査委員特別賞に輝いた「いのだ幼稚園」(我那覇隆園長、園児3人)は29日、同賞の実践提案研究会を実施。島内外から保育士など約80人が参加。玉川大学教授の大豆生田(おおまめうだ)啓友氏が「好奇心・探求心を育む保育」の演題で記念講演した。講演前に、同園の公開保育や伊良皆恵理幼稚園教諭が受賞した論文を発表した。

 同園はことし1月に「科学する心(学びの芽)を育てる~身近な自然との関わりを通して~」で特別賞を受賞。入選論文の上位校・園は18年度に研究会を開催している。  大豆生田氏は公開保育で感じた園児の個々のこだわり、子どもたちの体験や知識からなる探求心を評価。「子どもが主体的に学ぶことが大事」と褒め、幼児教育・保育の質の重要性を説いた。

 幼保連携から小学校への接続については、幼児期に自分で問題をつくり解決方法を発見させることで、進学後も学びに向う力が備わり、達成感や自己肯定感も育まれる。「遊びが学びの保障。例えばペットボトルを使った水遊びの中で、その子が何に興味や関心を持ち面白がっているのか見極め、探求心につなげてほしい」と与える環境の大切さを強調した。

 また、協同的な学びの保育について▽子どもの豊かな対話や探求などを通した学びのプロセスの重視▽地域との関わりや科学、アートなどの重視▽学びの可視化を重視して写真を用いたドキュメンテーションなどの作成ーなどを紹介。「遊びっぱなしではなく、その日の出来事を子どもたちと一緒に話し合い、共有する時間も必要」と話した。

関連記事

釧路新聞社

水草、エゾシカ餌に活用【阿寒湖】

   国の特別天然記念物マリモの保護組織「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は今年度、マリモ群生地保全のため刈り取っている阿寒湖の水草を活用した新たなプロジェクトに取り組む。前田一歩園...

鳩間小中学校 カヌーで島を一周 児童生徒ら海洋学習楽しむ

 竹富町立鳩間小中学校(片平雅明校長、児童1人・生徒5人)は5月29日、竹富町教育委員会が推進している事業「竹富町海洋教育」の一環として、カヌーによる鳩間島一周(約3・8㌔)を全児童生徒と学校職...

長野日報社

移住促進にママ目線 伊那市の5人、ガイドブック作成中

 伊那市内で子育て中の母親5人が、市の魅力を発信する移住ガイドブックの作成に取り組んでいる。市から依頼を受け、IターンやUターンの経験を生かしながら”ママ目線”で製作。豊かな自然や暮らしやすさを...

街路樹に優雅なコチョウラン 奄美市名瀬大熊町

 鹿児島県奄美市名瀬大熊町の街路樹に着生させた200本のコチョウランが、優雅な白い花を咲かせている。大熊町内会の重田茂之会長(71)は「多くの方々にきれいな花を見て楽しんでほしい」と話している。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク