全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

いのだ幼が公開保育 ソニー教育特別賞研究会 大豆生田氏、探究心評価

ソニー幼児教育支援プログラム審査委員特別賞実践提案研究会で記念講演が行われた=29日午後、伊野田小学校

 2017年度ソニー幼児教育支援プログラム(公益財団法人ソニー教育財団主催)で優秀園審査委員特別賞に輝いた「いのだ幼稚園」(我那覇隆園長、園児3人)は29日、同賞の実践提案研究会を実施。島内外から保育士など約80人が参加。玉川大学教授の大豆生田(おおまめうだ)啓友氏が「好奇心・探求心を育む保育」の演題で記念講演した。講演前に、同園の公開保育や伊良皆恵理幼稚園教諭が受賞した論文を発表した。

 同園はことし1月に「科学する心(学びの芽)を育てる~身近な自然との関わりを通して~」で特別賞を受賞。入選論文の上位校・園は18年度に研究会を開催している。  大豆生田氏は公開保育で感じた園児の個々のこだわり、子どもたちの体験や知識からなる探求心を評価。「子どもが主体的に学ぶことが大事」と褒め、幼児教育・保育の質の重要性を説いた。

 幼保連携から小学校への接続については、幼児期に自分で問題をつくり解決方法を発見させることで、進学後も学びに向う力が備わり、達成感や自己肯定感も育まれる。「遊びが学びの保障。例えばペットボトルを使った水遊びの中で、その子が何に興味や関心を持ち面白がっているのか見極め、探求心につなげてほしい」と与える環境の大切さを強調した。

 また、協同的な学びの保育について▽子どもの豊かな対話や探求などを通した学びのプロセスの重視▽地域との関わりや科学、アートなどの重視▽学びの可視化を重視して写真を用いたドキュメンテーションなどの作成ーなどを紹介。「遊びっぱなしではなく、その日の出来事を子どもたちと一緒に話し合い、共有する時間も必要」と話した。

関連記事

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

荘内日報社

地域おこし協力隊員らが「複業」事例発表

 生業や地域づくりを考えるイベント「仕事が無いなら自分で作る?~若者がナリワイを作って活気のある地域に」が14日、三川町文化交流館「アトク先生の館」で開かれ、同町で活動している地域おこし協力隊の伊藤秀...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク