全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

いのだ幼が公開保育 ソニー教育特別賞研究会 大豆生田氏、探究心評価

ソニー幼児教育支援プログラム審査委員特別賞実践提案研究会で記念講演が行われた=29日午後、伊野田小学校

 2017年度ソニー幼児教育支援プログラム(公益財団法人ソニー教育財団主催)で優秀園審査委員特別賞に輝いた「いのだ幼稚園」(我那覇隆園長、園児3人)は29日、同賞の実践提案研究会を実施。島内外から保育士など約80人が参加。玉川大学教授の大豆生田(おおまめうだ)啓友氏が「好奇心・探求心を育む保育」の演題で記念講演した。講演前に、同園の公開保育や伊良皆恵理幼稚園教諭が受賞した論文を発表した。

 同園はことし1月に「科学する心(学びの芽)を育てる~身近な自然との関わりを通して~」で特別賞を受賞。入選論文の上位校・園は18年度に研究会を開催している。  大豆生田氏は公開保育で感じた園児の個々のこだわり、子どもたちの体験や知識からなる探求心を評価。「子どもが主体的に学ぶことが大事」と褒め、幼児教育・保育の質の重要性を説いた。

 幼保連携から小学校への接続については、幼児期に自分で問題をつくり解決方法を発見させることで、進学後も学びに向う力が備わり、達成感や自己肯定感も育まれる。「遊びが学びの保障。例えばペットボトルを使った水遊びの中で、その子が何に興味や関心を持ち面白がっているのか見極め、探求心につなげてほしい」と与える環境の大切さを強調した。

 また、協同的な学びの保育について▽子どもの豊かな対話や探求などを通した学びのプロセスの重視▽地域との関わりや科学、アートなどの重視▽学びの可視化を重視して写真を用いたドキュメンテーションなどの作成ーなどを紹介。「遊びっぱなしではなく、その日の出来事を子どもたちと一緒に話し合い、共有する時間も必要」と話した。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク