全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

メダリストと卓球交流

小中学生を平野さんと塩野さん指導

 ロンドン五輪(2012年)卓球団体の銀メダリスト平野早矢香さんと豊橋にゆかりのある世界卓球東京大会(14年)団体で銅メダルを獲得した塩野真人さんが29日、豊橋市総合体育館で小・中学生らと交流した。  有名選手と触れ合うことでモチベーションを高め、子どもたちに向上心を持ってもらおうと豊橋市体育協会が開催しているイベント。今回は豊橋卓球協会と共催で開いた。  この日は、三河地域の小・中学生300人以上が参加。2人による技術練習では「ボールのスピードに合わせてスイングして」「サービスは下半身を使って打つ」「バックはおなかの前で打つ」などと、子どもたちにアドバイスした。  2人とのシングル対決もあり、午前中あった全員参加の交流大会で優勝した子どもたち10人が出場。メダリストから1点をもぎ取ろうと、真剣な眼差しで試合に臨んだ。終了後には、2人から「バックスイングの際、振りが遅い」などと対戦相手1人ひとりに改善点が伝えられた。  卓球クラブ・アシュラの大竹蒼空さん(11)=蒲郡市立蒲郡北部小6年=は「コースをほめてもらえたバックを意識してこれからも練習に励みたい」。塩野さんからマッチポイントを奪う“番狂わせ”で会場を沸かせた御津クラブの小林柚斗さん(14)=豊川市立金屋中3年=は「自分が思ったように攻撃が決まった。自信になりました」と笑顔を見せた。

関連記事

荘内日報社

10月スタート新潟県・庄内エリアプレDC 庄内の魅力国内外へ発信

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)に向けたキックオフ会議が21日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。庄内地域全体や各市町で計73の観光...

宇部日報社

参道にヒガンバナ4万本

 山口市上小鯖の鰐鳴八幡宮(古屋倫史宮司)で、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれるヒガンバナが見頃を迎え、訪れた人の目を楽しませている。約200メートルの参道の両側に4万本ものヒガンバナが群生...

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

長野日報社

幸せの「高遠ダムパフェ」味わって 11月末まで限定提供

 伊那市は21日、高遠ダムを模したデザート「高遠ダムパフェ」を発表した。ダム湖に面した高遠さくらホテル(同市高遠町)と共同開発。信州の秋の味覚を代表するリンゴをふんだんに使い、ダム本体をジュレ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク