全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

涼しげゼリー召し上がれ 古座川ゆず平井の里

古座川ゆず平井の里がユズとトマトを使って新開発したゼリー(古座川町平井で)

 和歌山県古座川町の特産であるユズの加工販売などに取り組む同町平井の農事組合法人「古座川ゆず平井の里」が、地元のユズと紀ノ川農協(本所・紀の川市)のトマトを使ったゼリーを新開発した。ユズの爽やかさとトマトのうま味が合わさった「古座川のゆず香るトマトゼリー」で、厳しい暑さが続く今月から販売している。

 平井の里によると、町内では毎年約200トンのユズが収穫されており、うち約150トンが平井の里に出荷されている。約100トンが搾汁用となり、果汁や皮を使ってユズジュースやユズポン酢など約30種類の加工品を製造販売。紀ノ川農協とは、30年ほど前に地域のユズ栽培農家が販路を頼ったことが縁となり、長年、販売や商品開発などの面で交流を重ねているという。  今回の新商品は、紀ノ川農協のトマトジュースを平井の里の職員が試飲したことがきっかけで「非常においしく、コラボすることでユズの新たな魅力を出せるのではないか」などと、トマトジュースとユズの果汁などを材料にしたゼリーを開発した。寒天も加えて食感も楽しめるように工夫。容量は1個144グラムで価格は280円(税込み)。平井の里のオンラインショップなどで取り扱っている。  平井の里の倉岡有美常務理事(50)は「昔からユズの加工に取り組んできた、味にうるさい地元のおばあちゃんたちも太鼓判を押してくれた。非常に暑い夏なので、しっかりと冷やしたり、凍らせてシャーベット状にしたりして召し上がっていただければ」と話している。  問い合わせは、古座川ゆず平井の里(0735・77・0123)へ。

関連記事

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

長野日報社

幸せの「高遠ダムパフェ」味わって 11月末まで限定提供

 伊那市は21日、高遠ダムを模したデザート「高遠ダムパフェ」を発表した。ダム湖に面した高遠さくらホテル(同市高遠町)と共同開発。信州の秋の味覚を代表するリンゴをふんだんに使い、ダム本体をジュレ...

紀伊民報社

熊野米台湾へ 田辺の米穀店が輸出

 和歌山県田辺市湊の駅前新通りにある米穀・炊飯販売会社「たがみ」(田上雅信社長)は、地元のブランド米「熊野米」を台湾に輸出した。今後、継続して取引されるよう商談中という。  日本政策金融公庫が顧...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク