全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

涼しげゼリー召し上がれ 古座川ゆず平井の里

古座川ゆず平井の里がユズとトマトを使って新開発したゼリー(古座川町平井で)

 和歌山県古座川町の特産であるユズの加工販売などに取り組む同町平井の農事組合法人「古座川ゆず平井の里」が、地元のユズと紀ノ川農協(本所・紀の川市)のトマトを使ったゼリーを新開発した。ユズの爽やかさとトマトのうま味が合わさった「古座川のゆず香るトマトゼリー」で、厳しい暑さが続く今月から販売している。

 平井の里によると、町内では毎年約200トンのユズが収穫されており、うち約150トンが平井の里に出荷されている。約100トンが搾汁用となり、果汁や皮を使ってユズジュースやユズポン酢など約30種類の加工品を製造販売。紀ノ川農協とは、30年ほど前に地域のユズ栽培農家が販路を頼ったことが縁となり、長年、販売や商品開発などの面で交流を重ねているという。  今回の新商品は、紀ノ川農協のトマトジュースを平井の里の職員が試飲したことがきっかけで「非常においしく、コラボすることでユズの新たな魅力を出せるのではないか」などと、トマトジュースとユズの果汁などを材料にしたゼリーを開発した。寒天も加えて食感も楽しめるように工夫。容量は1個144グラムで価格は280円(税込み)。平井の里のオンラインショップなどで取り扱っている。  平井の里の倉岡有美常務理事(50)は「昔からユズの加工に取り組んできた、味にうるさい地元のおばあちゃんたちも太鼓判を押してくれた。非常に暑い夏なので、しっかりと冷やしたり、凍らせてシャーベット状にしたりして召し上がっていただければ」と話している。  問い合わせは、古座川ゆず平井の里(0735・77・0123)へ。

関連記事

長野日報社

ぽかぽかハウスでイチゴ狩り 諏訪湖いちご園

 諏訪市豊田のイチゴ狩り施設「諏訪湖いちご園」の今季営業が始まった。好天に恵まれた3日は地元や県外などからの客でにぎわい、暖かいビニールハウスで甘いイチゴを頬張った。  5棟のハウス内で養液...

紀伊民報社

高校生と共同開発 ご当地バーガー販売へ

 和歌山県田辺市龍神村福井にある道の駅「水の郷日高川龍游」(指定管理者・こすげパーク振興会)内にあるレストラン「つぐみ食堂」は、南部高校龍神分校生と共同で開発していた「龍神とうふバーガー」を1月...

上士幌に待望のそば店 移住の平野さん「五武庵」

 そば店が一軒もなかった上士幌町内で25日、そば居酒屋「五武庵」がオープンし、初日から地元客らでにぎわった。自治体が使途を明確にして寄付を募る「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)で集ま...

紀伊民報社

備長炭入り真っ黒いケーキ

 和歌山県田辺市秋津川の道の駅「紀州備長炭記念公園」のレストランで、備長炭の粉末を生地に練り込んだ真っ黒いバターケーキが登場した。見た目のインパクト、控えめな甘さと添えられた梅ジャムとの相性の良...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク