全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

牛尾選手 本場カナダへアイスホッケー留学 幕別

 アイスホッケーの牛尾大雪選手(幕別中学校1年)は30日から1年間、カナダのアカデミーへ競技力向上のために留学する。世代屈指の得点力を誇るFWは「海外へ行くなら早いほうがいいと思った。実力や語学力を磨いて、将来はNHL(北米アイスホッケーリーグ)の選手になりたい」と12歳での武者修行に挑む。

カナダへのアイスホッケー留学に向けて意気込む牛尾選手

 牛尾選手は幕別町の畑作農家に生まれた4人きょうだいの末っ子。5歳で競技を始め、めきめきと力を付けた。小学校時代は幕別浦幌少年団に所属し、昨季は全道小学生選手権大会(1月)で準優勝。帯広選抜のメンバーとしては風越カップ全日本少年大会(3月)で3年ぶりの優勝に貢献。チャンスで確実にゴールを射抜き、チームを引っ張った。

 そんな牛尾選手が海外に目を向けるきっかけとなったのが2月にカナダで開かれた「ケベック国際ピーウィートーナメント」。十勝からは3選手が日本選抜チームのメンバーとして出場し、牛尾選手は主将を務めた。

 3回戦で敗れたが、米国勢や昨年優勝したカナダのチームを破って勝ち上がるなど「体格の大きな外国人選手にもスピードを生かしたドライブが通用した」と自信を得た。

 現地でNHLも観戦し、「自分の世界観が大きく変わった」と芽生えたカナダ留学への思いは止まらなくなった。父義美さん(56)や母典子さん(46)は「まだ早いと思ったが、本人が行きたいというので、どんな世界か見てみたらいい」と背中を押す。

 滞在するのはカナダ西部のブリティッシュ・コロンビア州ケロウナ。地元の公立校ジョージ・エリオット・セカンダリースクールに通いながら、アイスホッケーのアカデミー「パシュート・オブ・エクセレンス(POE)」で競技に打ち込む。「設備が充実しているし、毎日ホッケーができるのがいい」と牛尾選手。海外からの留学生も多いという。

 この1年間で身長は8センチほど伸びて165センチとなったが、現在55キロの体重も含めて「もっと体を大きくしたい」と意気込み、「現地でうまい選手のプレーを見て吸収したい」と目を輝かせる。

 憧れの選手はNHLのオイラーズで活躍するFWコナー・マクデイビッド。平昌冬季五輪スピードスケートで姉妹金メダリストとなった町出身の高木菜那選手、美帆選手も「憧れの人」と話す。日本代表としての五輪出場も夢の一つだ。

 クラスメートや所属するチーム「十勝連合C」の仲間などからのエールを支えに「頑張って夢をかなえたい」と力を込める。来年6月末に帰国し、留学を1年更新するかも含めて進路を検討する。

関連記事

長野日報社

ボルタリングの壁完成 駒ケ根高原

 駒ケ根市が駒ケ根高原の森と水のアウトドア体験広場で進めていたクライミングウオールの改修が終わり、新たにボルダリング用の壁が完成した。市は30日午前9時30分からリニューアル記念イベントを開き...

川口さんが技能グランプリ建具で厚労大臣賞

 年齢を問わず全国の一級技能士らが技を競い合う天皇陛下御在位三十年記念「第30回技能グランプリ」(厚生労働省、中央職業能力開発協会など主催)の建具で、田原市田原町の川口木工所代表・川口博敬さん(42)...

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道...

紀伊民報社

マグロ大物386キロ

 日本有数の生マグロの水揚げ量で知られる和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に25日、重さ386キロ(全長262センチ)のクロマグロが水揚げされた。21日に水揚げされた308キロ(同236センチ)を超え...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク