全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

サンマ1500トン超え水揚げ活況/道東3港

 道東沖のサンマ棒受け網漁が活況だ。根室、花咲港では大型船(100㌧以上)を中心に水揚げが本格化。28日には大型船12隻、小、中型11隻が合わせて今季最多の1392㌧を水揚げ。花咲港は水揚げ用のトラックやタンクが足りず、水揚げ制限をしたほど。この日は道東3港で1500㌧超、三陸を含めると1700㌧の水揚げがあった。花咲港では29日も約1300㌧の水揚げを予定しており、サンマ復調の兆しに浜は活気づいている。

 花咲港でのこの日の競り値は227~36円。高値は前日の27日に比べ、34・4%(119円)減、大型船初水揚げの24日と比較すると66・7%(453円)下げた。この日は厚岸港(22㌧)、釧路港(105㌧)、三陸の大船渡(90㌧)、気仙沼(66㌧)、女川(58㌧)にも大型船各1隻が水揚げしている。

 花咲港は23日に400㌧、24日に640㌧、25日560㌧、27日に770㌧と順調な水揚げが続いており、この日は1300㌧超と、記録的不漁となった昨年には見られなかった8月中の1000㌧超えを記録した。買受人らによると「昨年は130㌘台が大サイズだったが、今年はそのサイズだと小さい方。脂乗りも良く走りからおいしい」と話していた。

 順調な水揚げの一方で、2015年以降のサンマ不漁や、16年のロシア200カイリ水域内サケ・マス流し網漁禁止の影響もあって、加工業者や運輸業者の廃業が受入態勢の縮小を招いている。

 花咲港は過去最多の7万㌧台を揚げた11、12年には約3000㌧の受入許容量を誇ったが、現在は約半分。この日も水揚げに使うトラックやサンマを入れるタンクが不足。競りの始めに競り人からトラックやタンクを「速やかに返すよう協力をお願いします」と依頼があったほどで、大量水揚げは、まさにうれしい悲鳴となっている。

関連記事

県独自の品種「夕焼け姫」

JAひまわりミカン初出荷  豊川市のJAひまわり管内で21日、温州ミカンの新品種「夕焼け姫」の出荷に備えた作業が始まった。上長山町の同JAみかん部会・清水貢さん(74)は10種類の柑橘類を育てており、...

荘内日報社

注連寺境内に「鉛筆碑」

 鶴岡市大網の注連寺(佐藤弘明住職)の境内にこのほど、「鉛筆碑」が建立された。注連寺の大天井画の鉛筆模画の縮小版を手掛けたマック美術研究所(東京都)代表の田中昭さん(73)が、鉛筆画のペンシルワーク...

奄美での「島活」に興味津々  東京・池袋でアイランダー18

 全国の島々が集い情報発信する〝島活〟イベント「アイランダー2018」(国土交通省 日本離島センター主催)が17、18の両日、東京・池袋のサンシャインシティー文化会館であった。2日間で延べ1万5...

紀伊民報社

白良浜も「冬支度」 防砂ネット取り付け

 白浜町は21日、白良浜に防砂ネットを取り付けた。冬に吹く北西からの風で砂が飛散しないようにするためで、白浜温泉街に冬の到来を告げる風物詩になっている。  町職員が午前9時から作業を始めた。約2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク