全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

サンマ1500トン超え水揚げ活況/道東3港

 道東沖のサンマ棒受け網漁が活況だ。根室、花咲港では大型船(100㌧以上)を中心に水揚げが本格化。28日には大型船12隻、小、中型11隻が合わせて今季最多の1392㌧を水揚げ。花咲港は水揚げ用のトラックやタンクが足りず、水揚げ制限をしたほど。この日は道東3港で1500㌧超、三陸を含めると1700㌧の水揚げがあった。花咲港では29日も約1300㌧の水揚げを予定しており、サンマ復調の兆しに浜は活気づいている。

 花咲港でのこの日の競り値は227~36円。高値は前日の27日に比べ、34・4%(119円)減、大型船初水揚げの24日と比較すると66・7%(453円)下げた。この日は厚岸港(22㌧)、釧路港(105㌧)、三陸の大船渡(90㌧)、気仙沼(66㌧)、女川(58㌧)にも大型船各1隻が水揚げしている。

 花咲港は23日に400㌧、24日に640㌧、25日560㌧、27日に770㌧と順調な水揚げが続いており、この日は1300㌧超と、記録的不漁となった昨年には見られなかった8月中の1000㌧超えを記録した。買受人らによると「昨年は130㌘台が大サイズだったが、今年はそのサイズだと小さい方。脂乗りも良く走りからおいしい」と話していた。

 順調な水揚げの一方で、2015年以降のサンマ不漁や、16年のロシア200カイリ水域内サケ・マス流し網漁禁止の影響もあって、加工業者や運輸業者の廃業が受入態勢の縮小を招いている。

 花咲港は過去最多の7万㌧台を揚げた11、12年には約3000㌧の受入許容量を誇ったが、現在は約半分。この日も水揚げに使うトラックやサンマを入れるタンクが不足。競りの始めに競り人からトラックやタンクを「速やかに返すよう協力をお願いします」と依頼があったほどで、大量水揚げは、まさにうれしい悲鳴となっている。

関連記事

「アニアニまある」に新しい仲間を

豊川市ふるさと納税のクラウドファンディングでポニー購入へ  豊川市がふるさと納税制度を使ったクラウドファンディングで資金を募り、赤塚山公園(市田町)のふれあい動物広場「アニアニまある」に新...

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク