全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ドローンでカワウ追い払い 諏訪湖で実証実験

(上)騒音スピーカーをぶら下げて飛ぶドローン (下)湖上を飛ぶドローン(白丸)が近づくと、カワウの群れは一斉に飛び立った

 魚食性鳥類の水産資源への影響を抑えようと、県諏訪地域振興局は28日、ドローン(小型無人飛行機)を活用した追い払いの実証実験を諏訪湖で実施した。下諏訪町の防波堤沖、砥川沖の2カ所で、降り立っていた群れに向けてドローンを飛行させると、カワウは一斉に飛び立ち、効果が見られた。冬には渡り鳥の魚食性鳥類カワアイサを対象にした追い払い実験を行う。

 諏訪湖のワカサギをはじめとする水産資源は毎年、魚食性鳥類の食害の被害を受けており、諏訪湖漁業協同組合などは2007年から船を出して追い払いを行っている。同局農政課によると、近年は鳥の慣れもあって効果は低下しているといい、新たな手法を検討してきた。ドローンに一定の効果があれば、追い払いの省力化にもつながる。実験を通じ、効果的な追い払い方法の確立を目指す。諏訪湖漁協とドローン関連事業を手掛けるスカイシープロジェクト(諏訪市高島)が協力した。

 この日の実験では、破裂音などが出る騒音スピーカーをぶら下げたドローンを使用した。砥川沖では30羽ほどのカワウがおり、船から飛ばしたドローンは上空約10メートルの高さに上昇して近づいた。高度を徐々に約5メートルにまで下げると、群れは一斉に飛び立った。防波堤沖では騒音を出さずに近づけたが、騒音がある場合とほぼ同様に追い払いに成功した。

 実験には同局、同漁協の他、日本野鳥の会諏訪支部、県水産試験場諏訪支場、県環境保全研究所が参加した。同局の飯森恵美子農政課長は「ドローンの効果は想像していた以上にあった」と手応えを感じた様子だった。

 漁協の武居薫組合長は「ドローンは飛行時間が短い。そのあたりも含め、船による追い払いに変わる手段になるかはもう少し様子を見たい」と関心を寄せつつも、「人による追い払いは今後も必要だろう」と見通した。

 野鳥の会同支部の林正敏支部長は「水産や観光への影響は理解するが、一方で音が県の絶滅危惧種の鳥類ヨシゴイ、ササゴイの営巣、子育てへの影響など、対象となる鳥以外にどう波及していくかも考える必要がある」と慎重な見方を示した。

関連記事

荘内日報社

公益大 黒川能の舞 細部までデジタルデータ化

 鶴岡市の民俗芸能・黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の舞の所作をデジタルデータ化して記録保存する東北公益文科大と黒川能保存会の試みが本年度から本格化し17日、同市の黒川能伝習館で行われたデータ収集...

紀伊民報社

「亥」の大絵馬完成 新宮熊野速玉大社

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の上野顯宮司(65)が19日、来年のえとである「亥(い)」の大絵馬を仕上げた。純白の元気なイノシシが、うり坊を見守っている絵。12月1日に拝殿に掲げる。 ...

夜の森で希少種と対面 親子でナイトツアー体験 鹿児島県徳之島

 環境省徳之島自然保護官事務所は17日、鹿児島県徳之島天城町当部の美名田林道で夜の森を歩く体験イベントを開いた。島内から親子連れなど16人が参加。徳之島に生息する希少な動植物の生態を学び、自然保...

奄美市が通訳案内ガイド育成へ 外国人まち歩き観光に対応

 鹿児島県奄美市は名瀬市街地で17日、地域通訳案内士を対象とした「まち歩き観光ガイド」育成講座を開催した。クルーズ船の寄港増などによるインバウンド(訪日外国人)も含め、増加が続く旅行者の「まち歩...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク