全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

釧路の夕日写真入選作が切手に、第4弾販売

 日本郵便北海道支社(西澤茂樹支社長)は27日、幣舞橋から望む夕日などをあしらったフレーム切手「世界三大夕日の釧路港 釧路を世界のあこがれの地へ!」の販売を始めた。

 インドネシア・バリ島、フィリピン・マニラと並び「世界三大夕日」と言われる釧路を広くPRしようと企画。釧路の夕日の魅力を発信し、まちの活性化を目指す市民団体「釧路夕焼け倶楽部」(芳賀久典代表)と共同製作で、今回で第4弾となる。

 写真は、同団体が実施した「第1回世界三大夕日の街釧路コンテスト」で入選した10作品。最優秀賞を受賞した釧路町の小杉潤一さんの作品「黄金の黄昏(たそがれ)」はじめ、釧路川に映る夕日など、一瞬の美しさを収めた絶景がデザインされている。

 82円切手10枚つづりで1300円。1000シート限定。釧路管内の郵便局のほか、札幌市、小樽市、千歳市など計75局で販売する。

 同日、同支社釧路地区連絡会統括局長の佐藤太一釧路東郵便局長らが蝦名大也釧路市長に贈呈した。

関連記事

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

荘内日報社

相馬樓で台湾テレビ局撮影 東北地方の見どころ紹介の番組制作

 台湾のテレビ局「非凡新聞」(台北市)の撮影クルーが16日午後、東北地方の見どころを紹介する番組制作のため、酒田市の「舞娘茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)を訪れ、撮影を行った。ク...

宇部日報社

伝統工芸品の赤間硯の授業

 藤山小(生田光徳校長)で16日、宇部市の伝統工芸品・赤間硯(すずり)の特別授業があった。4年生94人が実際に墨をすって書き心地を確かめ、制作工程も学んだ。  講師は生産者の家族で、書家の日枝美...

個性豊かな550種 帯広の藤丸でミルク&チーズフェア

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2019」が17日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内を中心とした58社の乳製品・約550種類がそろい、初日から大勢の買い物客が詰めかけた。  道牛乳...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク