全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

未来の豊橋へ中学生が提言

 豊橋市の佐原光一市長と市内全23中学校の代表生徒が意見交換する「中学生まちづくり委員会」が27日、同市こども未来館ここにこであった。2年生23人が「未来の豊橋への提言-住み続けたいまち豊橋」をテーマに語り合った。  市政についての関心を高めるとともに、未来の豊橋のリーダーを育むことを目的に1994(平成6)年度から行っている。  今回からスポーツや文化、子育てなどを担当する各部の部長が参加し、より詳しく市の情勢を伝え、生徒らの意見を吸い上げられるように工夫した。  四つのグループに分かれ、地域に足りないものや改善点などを出し合った。その後の発表会では、子育て世代や障害者が暮らしやすい街や、自然を生かしたふれあいの街など、未来の“豊橋像”を熱く語った生徒たち。安全面から歩道を広くしたり、通学路に街灯を立てたりすることを求め、「将来、東京へ出ていっても、子育てするときには豊橋へ戻ってきたいと思えるまちをつくりたい」などと話した。  一方で、交通機関の無料化や施設建設を求める意見が相次ぎ、佐原市長からは「タダにする分、誰かが負担するということ。社会の仕組みを考えた上で提案してほしい」と厳しい発言もあった。  市立二川中学校の中村桃さん(14)は「他校の人と触れ合い話し合うことがないので、とてもうれしかった。もっとこういう場が増えてほしい」と話した。

関連記事

「アニアニまある」に新しい仲間を

豊川市ふるさと納税のクラウドファンディングでポニー購入へ  豊川市がふるさと納税制度を使ったクラウドファンディングで資金を募り、赤塚山公園(市田町)のふれあい動物広場「アニアニまある」に新...

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク