全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

あいおえび狩り世界選手権1600人がバトル

手探りでクルマエビを探す参加者(中道海水浴場で)

 第28回あいおえび狩り世界選手権大会は26日、山口市秋穂東の中道海水浴場で開かれた。招待参加者を含む約1600人が、干潟に放たれた1万6000匹のクルマエビの捕獲数を競い、130匹を捕まえた周南市の藤村昭彦さん(54)が優勝した。山口観光コンベンション協会秋穂支部(冨田正朗支部長)主催。毎年、希望者が殺到する夏の人気イベント。過去最多5万9451人の応募者の中から抽選で選ばれた1600人の一般参加者のほか、スペイン、中国、ペルーなど10カ国の招待外国人25人が出場した。

 浜辺に横一線に並んだ参加者たちは、渡辺純忠市長のピストルの合図で一斉に海へとダッシュ。海を囲う長さ約300メートルの漁網沿いを肩まで漬かり探ったり、干潟に取り残されたものを探したりしながら、エビを手づかみにしていた。夏休み最後の日曜日とあって親子参加も多く、ピチピチ跳ねるエビに子どもたちは大喜びしていた。優勝した藤村さんは、昨年に続き妻の美佐江さん(53)と参加。美佐江さんも85匹をゲットして3位に入り、大会史上初の夫婦ダブル入賞で会場をどよめかせていた。2人は「去年の経験を生かして波打ち際近くを最初に攻めたのが奏功した。こんなにたくさん取れるとは思わなかった」と喜んでいた。捕まえたエビは、自宅でエビづくしの料理を楽しみ、知り合いにも配ると話していた。2位は池上節生さん(46)=下松市=の92匹だった。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク