全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川八南小で一泊防災キャンプ

 豊川市立八南小学校(小野清隆校長)で25、26両日、児童の父親でなる「八南おやじの会」による一泊二日の防災キャンプが初開催された。  同小の児童26人と父母21人が参加し、実際に災害が起きた場合を想定した体育館での避難生活を体験。企業や商店から集めた段ボールで親子ごとに生活スペースを作り、実際に就寝して一晩を過ごした。初日は水消火器を使った消火や、夕食用にアルファ化米の炊き出し訓練も行った。災害時を想定し、体育館には女性向け更衣スペースや扇風機なども設置された。  地元の八幡町や野口町、市田町の自主防災会役員らも参加し、市防災対策課職員による研修や講評も行われた。  昨年4月に発足し、現在会員16人がいる八南おやじの会の酒井康正会長(49)は「日頃と違う環境の中で助け合い、実際の災害時にどうすればいいか、協力することの大切さを学べる機会だと思う。子どもも大人も地域みんなで災害時に役立つ知識や技能を学んでほしい」と期待した。  アトラクションとして校内を探検する肝試しも行われ、夏休み最後の思い出をつくった。

関連記事

荘内日報社

10月スタート新潟県・庄内エリアプレDC 庄内の魅力国内外へ発信

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)に向けたキックオフ会議が21日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。庄内地域全体や各市町で計73の観光...

宇部日報社

参道にヒガンバナ4万本

 山口市上小鯖の鰐鳴八幡宮(古屋倫史宮司)で、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれるヒガンバナが見頃を迎え、訪れた人の目を楽しませている。約200メートルの参道の両側に4万本ものヒガンバナが群生...

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

長野日報社

幸せの「高遠ダムパフェ」味わって 11月末まで限定提供

 伊那市は21日、高遠ダムを模したデザート「高遠ダムパフェ」を発表した。ダム湖に面した高遠さくらホテル(同市高遠町)と共同開発。信州の秋の味覚を代表するリンゴをふんだんに使い、ダム本体をジュレ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク