全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田南高普通科教養探究コースに19年度 「観光・地域創生専攻」新設

 酒田南高校(酒田市浜田一丁目)の中原浩子校長は24日、校内で記者会見を開き、2019年度から普通科教養探究コース内に「観光・地域創生専攻」を新設すると発表した。観光による地域振興、起業を目指す人材育成を図るもので、観光分野に特化した専攻の設置は県内初。中原校長によると、定員は30人で県内外から広く募集するという。

 旧天真学園、旧酒田南が統合し今年4月に誕生した新酒田南高は普通、食育調理両科を設置。普通科には特別進学、教養探究の2コースがあり、さらに教養探究コースには現在、総合進学、キャリアデザイン両専攻を配置している。

 観光による地域活性化は国を挙げて推進しているものの、東北地方は依然として出遅れているというのが現状。同校では今回、「裾野の広い産業」とされる観光分野で、庄内地域、本県をより理解して世界に向けて発信することができる人材の発掘・育成を急ぐため、「観光」「地域創生」に特化した専攻を新設する。

 中原校長によると、新専攻では通常の科目に加えて観光学Ⅰ―Ⅲを設定し観光について広く学習。外部講師として、中原校長がアドバイザー協力する東北インアウトバウンド連合(西谷雷佐理事長)の理事らを招く。在学中に旅行業務取扱管理者資格の取得などを目指すという。

 特に目玉となるのが、長期休業などを活用し、生徒が庄内地域の旅館などで働きながら実践的に学びを深めていくシステム。無報酬プログラムのインターンシップと異なり、労働対価が発生する「Coop(コーオプ)教育」と呼ばれるもので、いずれも鶴岡市のあつみ、湯田川、由良、湯野浜各温泉の旅館などと連携、希望によっては生徒たちは住み込みで働き、賃金を受け取る。「報酬が発生するため、より責任ある仕事を経験できる」(中原校長)という。

 鶴岡市の協力で各旅館などに呼び掛けたところ、既に14の施設が計26人の受け入れを表明しているという。今後は校内の指導体制を整えるとともに、各旅館と協働で受け入れ体制を構築していく。

県内初の「観光・地域創生専攻」の設置を発表した酒田南高・中原校長(左から2人目)

 この日の会見には中原校長と共に丸山至酒田、皆川治鶴岡両市長、西堀公司県庄内総合支庁観光振興室長も出席。中原校長は「公立校に比べて私立校は自由度が高く、特色ある教育を進めていきたい。観光はセンス。センスを磨くことで地域のリーダーを育成していきたい」と話した。支援を確約した丸山市長は「高校生による発信で、おもてなしの風土を構築したい。積極的に支援していく」、皆川市長は「若者の地元定着、観光分野の人手不足解消に役立つはず」とそれぞれ述べた。

関連記事

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

太田家に産声10人目 幕別の大家族

 幕別町で暮らす大家族、太田さん一家に10人目の赤ちゃんが誕生した。善之さん(40)=会社員=と裕美さん(39)夫妻の八男となる男児が13日午後3時7分に帯広市内の慶愛病院で生まれ、一家は12人家...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク