全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

迫力の作品 来場者魅了 千住博展覧会見学ツアー

 世界的日本画家・千住博さんの作品を紹介する「高野山金剛峯寺襖絵完成記念 千住博展」を開催している鶴岡アートフォーラムで23日、展覧会と千住さんが原画を手掛けた荘銀タクト鶴岡(市文化会館)の本緞帳を見学するツアーが行われ、千住さんの迫力ある作品が県内外から訪れた人たちを魅了した。

 企画展は今年3月にオープンした鶴岡市文化会館「荘銀タクト鶴岡」との連携事業として開催。千住さんは1958年東京都生まれ、ニューヨーク在住。現在京都造形芸術大教授。

 ツアーには鶴岡市内や県内だけでなく、福島や宮城など隣県から86人が参加。参加者は展覧会場で緞帳の原画となった「水神」をはじめ、高野山金剛峯寺に奉納する「断崖図」と「瀧図」、ブラックライトを使用した「龍神1、2」などを鑑賞した後、荘銀タクト鶴岡へ移動し、巨大な本緞帳を見学した。

 10日に始まった同展覧会は13日間で来場者3500人を突破。連日たくさんの人が詰め掛けている。会期は26日(日)まで。

県内外から訪れた人たちが、千住さんが原画を手掛けた荘銀タクト鶴岡の本緞帳を見学した

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク