全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ワインアカデミー設立 産地化へ人材育成【十勝】

ワインアカデミーの設立を発表した三井局長(中央)と、アカデミーに参加するあいざわ農園合同会社の相澤農場長(左)と相澤一郎代表

 十勝総合振興局の三井真局長は24日、振興局で記者会見し、十勝産ワインの品質向上とブランド化を目指す「ワインアカデミー十勝」を設立すると発表した。国内外の専門家を招いたセミナーでブドウ栽培や醸造の技術を高めるほか、ワインを観光素材とした管内の魅力向上にも取り組む。

 十勝はチーズや肉をはじめとした、ワインと相性の良い食材が豊富にある。料理との組み合わせによる付加価値を高めた販売や観光PRが期待でき、管内でも意欲のある事業者が多くいる。ただ、ノウハウがなく栽培に苦戦している状況があり、すでに札幌を拠点にワイン関連の人材を育成している道の知見を生かす。道内の振興局でワインアカデミーを立ち上げるのは初めて。

 十勝のアカデミーは9月中旬にキックオフミーティングを開催。今年度はセミナーなどを通して技術を高めるほか、会員相互の情報交換やネットワークづくりも進める。

 11月には米国コーネル大学教授のハンズ・ウォルター・ピーターソン氏を招く予定。十勝同様、冬の気候が厳しいニューヨーク州フィンガーレイクス地域をワイン産地にした経験から、寒冷地に適した栽培や品種を紹介してもらうほか、ブドウ畑の現地指導も行う。

 来年度以降は、食や観光関連の団体などとも協力し、料理との組み合わせや観光ツアー造成の検討なども行い、地域の活性化方策を探る。

 丸谷金保元池田町長の次女で、ワインアンドワインカルチャー(東京)の田辺由美代表を名誉校長に迎え、講師招聘(しょうへい)などで支援を受ける。北海道が主催するワインアカデミーとも連携する予定。

 会見で三井局長は「ワインは十勝の食と観光の魅力を高める起爆剤になる。ワイン造りを根付かせたい」と話した。また、同席した「あいざわ農園合同会社」(帯広)の相澤龍也農場長(63)は「十勝では技術が分からない人が多いと思う。経験や夢を語り合う場になれば」と期待した。

 振興局ではワイン関連の産業に関心がある幅広い分野からの参加を募っている。参加無料。

 申し込み、問い合わせは振興局商工労働観光課(0155・26・9047)へ。

関連記事

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商..

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、...

幻想的アイヌの世界 屋外プロジェクション公開-白老・ウポポイ

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)で9日、報道向けの内覧会が開かれた。夜間プログラムの屋外プロジェクションが初公開され、光輝く映像や音で迫力あるマッピング...

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M D..

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面...

没後50年 新たな日勝像 11日開幕 鹿追

 鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の没後50年回顧展「大地への筆触」が11日、神田日勝記念美術館(町東町3)で開幕する。同時代の作家の画風を吸収しながら独自の表現方法を追求し続けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク