全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

砥鹿神社「神様の庭」も特別参拝

豊川市観光協会おもてなしプロジェクト

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は23日、おもてなしプロジェクトとして、豊川市一宮町の砥鹿神社(岩崎和夫宮司)でセミナー「特別参拝と砥鹿神社の昔話」を、一般の子どもからお年寄りまで53人が参加した。  参加者は神楽を用いた正式な祈とうを受けた後、同神社の三宅勝晴さんの案内の下、普段は立ち入ることができない中庭や本殿西側にある神庫内を見学した。  「神様の庭」と呼ばれる中庭では、1971(昭和46)年に故・高松宮宣仁親王さまらによって植樹された2本のナギの木を紹介。境内では、日本一の大きさとされる高さ2・6㍍、幅3・4㍍のさざれ石も案内し、手で触れると安産や幸福にご利益があることも紹介した。

由緒を紙芝居で紹介  また、市観光協会副会長で、おもてなしプロジェクトリーダー市川洋至さんが、約1300年の歴史を誇る砥鹿神社の由緒をテーマにした紙芝居「砥鹿神社のはじまり物語」を披露。子どもたちにも分かりやすく、現在の一宮町に建てられた由来などを全7枚のイラスト画で説明した。奥宮が鎮座する本宮山のスライドショーもあった。  セミナーは4年前に始まったプロジェクトの一環で、市民にも観光客をおもてなす心を育んでもらおうと市内の歴史遺産や観光スポットで毎年開催している。

関連記事

長野日報社

山間地の救助活動 諏訪広域消防本部が訓練

諏訪広域消防本部特別救助隊は17~19日、山間地での救助活動訓練を岡谷市郊外の鳥居平やまびこ公園で行っている。昨年、県内で発生した山岳遭難は297件で全国最多だったことから、山岳地帯での事故に...

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク