全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

介護予防へ地域主体で高齢者支援

 鶴岡市の東新斎町町内会(橋本由美会長)が、地域住民主体で高齢者を支援し、介護予防につなげる取り組みを進めている。町内会の公民館を利用して週3回、体操やレクリエーションなどを行っているもので、今年6月には鶴岡市介護予防・日常生活支援総合事業のうち、住民主体による「通所型サービスB」の認定を受けた。町内会が事業主体になるのは同市内では初。同町内会は「高齢者の健康づくりとともに、集うことで交流が生まれ、元気な地域づくりにも役立っている」と話している。

 東新斎町町内会の会員は約310世帯、約730人で、75歳以上の高齢化率は約16・5%という。昨年春、運営する担い手不足もあり町内の老人クラブが解散した。高齢者を孤立させず、生きがいにつながるような集いの場を設けようと、市が2017年度に制度化した通所型サービスB事業への参入を決定。同事業は、主体者に介護報酬を支払う制度で、町内会の担当者が市の担い手養成研修を受講するなどして準備を進め、昨年10月から週1回でスタート。厚生労働省の補助事業の採択も受け、体操補助器具などを整備した。

 当初の利用者は十数人だったが、現在は25人前後に増えており、参加者からは「体操だけでなく、集まっておしゃべりするのが楽しい」といった声も聞かれる。22日には、同市の民生委員が公民館を訪れ、東新斎町町内会の取り組みを視察した。

 事業担当者の齋藤英之さん(58)は「事業の認定を受けるためには介護認定者の参加が条件となり、探して参加を呼び掛けて来てもらうなど、苦労は多かったが、高齢者を地域で支える体制が整いつつある。介護予防だけでなく、町内の高齢者の生きがいづくり、わが家で安心して暮らせる環境づくり、町内会組織の活力維持にもつなげていきたい」と話している。

介護報酬を得て東新斎町町内会が取り組む「通所型サービスB事業」。利用者が認知症予防運動や「いきいき百歳体操」に励んでいる=22日、鶴岡市の東新斎町公民館

関連記事

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

荘内日報社

酒田南高女子生徒が“舞娘修業”に入門

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)と、酒田南高校(中原浩子校長)が締結した日本舞踊を中心とした伝統文化伝承、起業家精神を持つ人材の育成に関する協...

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。  国土地...

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク