全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

公益大が海外2大学と協定締結

 東北公益文科大学(酒田市)の吉村昇学長は20日に会見を開き、米国・セントラルコネチカット州立大学、ロシア・イルクーツク総合大学とそれぞれ学術交流協定などを締結したと発表した。海外の大学との協定締結は7、8校目。

 セントラルコネチカット州立大は1849年創立の名門。当初は教員養成校だったが、現在は80分野100専攻を有する総合大学で約1万人が学んでいる。昨年7月、同大のキャンディス・バリントン教授(中世英文学)が公益大を訪問し特別講演している。今年6月にデビット・ドワルダー教学担当副学長と吉村学長が覚書にサインした。学習の進化・普及に向け、教職員・学生の相互交流、共同研究などを実施する。

 一方、イルクーツク総合大学は1918年創立で今年、100周年の節目を迎えた。現在は19学部に約1万5000人が学んでおり、このうち約700人は世界40カ国からの留学生。公益大は2016年から短期語学留学の学生を派遣、これまでに20人がロシア語の習得に励んだ。今月13日にK・V・グリゴリチェフ研究・国際協力担当副学長と、松田憲公益大教授(公益大国際交流センター長、応用言語学)がサインを交わした。学生・教員の派遣と受け入れ、互いに10日間ほど訪問し合う研修旅行などを行う。

 この日は吉村学長と松田教授、玉井雅隆准教授(国際関係論、多文化共生論など)の3人が会見。吉村学長は「いろいろな民族がおり、さまざまな言語が飛び交うキャンパスを構築したい。酒田は港都でクルーズ船も訪れている。市の発展に向けて大学として協力していきたい」と話した。松田教授は「協定を基に交流を深めていきたい」、玉井准教授は「締結は交流の第一歩。ここから発展させていけたら」とそれぞれ述べた。

 吉村学長によると、モンゴルやインドなどアジア地域の大学と協定締結に向けた準備を進めているという。

2大学との学術交流協定締結を発表する吉村学長(中央)。左は松田教授、右は玉井准教授

関連記事

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク