全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

幕末に京都で流行した長州おはぎ作り

おはぎ作りに挑戦する親子(大殿地域交流センターで)

 幕末の京都で流行した「長州おはぎ」作りに挑戦する親子料理教室が19日、山口市大殿大路の大殿地域交流センターで開かれた。市内の親子6組12人が参加し、幕末期に思いをはせながらおはぎを味わった。県立大看護栄養学部栄養学科調理学研究室主催。長州おはぎがブームとなったのは、禁門の変があった1864年(元治元年)ごろ。朝敵とされた長州藩をひそかに応援しようと民衆の間で広まった。おはぎは毛利家の家紋「一文字三星」になぞらえ、盆の上に3個のおはぎと箸を添えて販売された。値段は長州藩の公称石高36万石にかけて36文で売られ、買い手の「まけてくれ(負けてくれ)」に対し、売り手が「一銭(一戦)もまけられへん(負けられない)」と答える言葉遊びが話題になったという。

 参加者は同研究室の学生に習って、チョコレートや黒ごまをあんに練り込んだ3種類のおはぎを作った。学生の「手のひらにあんを広げて、もち米を押し込むようにして包んで」というアドバイスに耳を傾けながら親子でおはぎ作りを楽しんだ。完成したおはぎは長州藩の家紋の形に並べ、抹茶と一緒に味わった。明治維新期の歴史についても学んだ。担当教官の園田純子准教授は「食を通じて歴史に興味を持ってもらうきっかけになれば」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク