全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宮良青年会 熱演の舞台

個性とユーモアあふれる舞台で住民らを楽しませた宮良青年会のサニズ演劇発表会=28日夜、宮良公民館

 発足100年の宮良青年会(東政太朗会長、会員20人)が28日夜、新公民館で初めて、伝統の第69回サニズ演劇発表会を開いた。「歓喜」をテーマに、会員らがユーモアと個性あふれる創作舞台などを披露し、来場した多くの住民らを楽しませた。  東会長が冒頭、「100代目会長です」と名乗ると会場に大きな拍手が響き、東会長は「先輩方が引き継いでくれた郷土愛を絶やすことなく継承していく」とあいさつした。  同会初の女性演劇部長・宇根底美咲さんの団旗入場で舞台が幕開け。第一部では「赤馬節」や「高那節」などの伝統舞踊が披露され、第二部では仮装や物まね、棒状の物が発光するサイリウムを使った芸など、若い感性が光る愉快な余興で会場を沸かせた。  同公民館によると、発表会は1947年に、当時の若者たちが戦後の荒廃した村で活気を取り戻そうと始めた伝統行事。  宮良公民館の前島邦広館長は「宮良村の青年として責任と自覚を持ち、常に前向きな姿勢で諸活動に頑張ってください」と激励。宮良老人クラブ寿会の石垣実佳会長が乾杯の音頭をとった。  このほか、宮良小学校の仲間一史校長、八重山特別支援学校の大田幸司校長、石垣市青年団協議会の大底翔会長、中山義隆石垣市長らがあいさつし、青年会を祝福した。  最後は万歳三唱の後、会場が一体となって宮良青年会歌と昭和歌謡を歌い締めくくった。

関連記事

恒久平和への願い発信 「平和の鐘」鐘打に市民ら参加

 世界平和の鐘の会沖縄県支部(大濵達也支部長)は15日、新栄公園世界平和の鐘鐘楼で「終戦の日」平和祈念鐘打式を行った。会員や市職員、一般参加者らが鐘を打ち鳴らし、世界の恒久平和を願った。  石垣...

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク