全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宮良青年会 熱演の舞台

個性とユーモアあふれる舞台で住民らを楽しませた宮良青年会のサニズ演劇発表会=28日夜、宮良公民館

 発足100年の宮良青年会(東政太朗会長、会員20人)が28日夜、新公民館で初めて、伝統の第69回サニズ演劇発表会を開いた。「歓喜」をテーマに、会員らがユーモアと個性あふれる創作舞台などを披露し、来場した多くの住民らを楽しませた。  東会長が冒頭、「100代目会長です」と名乗ると会場に大きな拍手が響き、東会長は「先輩方が引き継いでくれた郷土愛を絶やすことなく継承していく」とあいさつした。  同会初の女性演劇部長・宇根底美咲さんの団旗入場で舞台が幕開け。第一部では「赤馬節」や「高那節」などの伝統舞踊が披露され、第二部では仮装や物まね、棒状の物が発光するサイリウムを使った芸など、若い感性が光る愉快な余興で会場を沸かせた。  同公民館によると、発表会は1947年に、当時の若者たちが戦後の荒廃した村で活気を取り戻そうと始めた伝統行事。  宮良公民館の前島邦広館長は「宮良村の青年として責任と自覚を持ち、常に前向きな姿勢で諸活動に頑張ってください」と激励。宮良老人クラブ寿会の石垣実佳会長が乾杯の音頭をとった。  このほか、宮良小学校の仲間一史校長、八重山特別支援学校の大田幸司校長、石垣市青年団協議会の大底翔会長、中山義隆石垣市長らがあいさつし、青年会を祝福した。  最後は万歳三唱の後、会場が一体となって宮良青年会歌と昭和歌謡を歌い締めくくった。

関連記事

「クシティの日」で関連行事 講演会や川柳表彰式

 【与那国】12月の第二日曜日は「クシティの日」。町は9日、町農業構造改善センターで「第2回クシティの日」の関連行事が行い、クシティ栽培の現状やクシティの可能性についての講演会を開いたほか、町民か...

長野日報社

「ヘルプマーク」徐々に浸透 継続的な周知大事

 日常生活で援助や配慮を必要とする人が周囲に知らせるために身に付ける「ヘルプマーク」が諏訪地域で徐々に浸透しつつある。県が7月から全県で取り組み、諏訪6市町村の福祉担当窓口と県諏訪保健福祉事務所...

荘内日報社

西郷隆盛との交流で伝わる「酒井家の鶏飯」 DCの目玉料理に

 鶴岡市の庄交コーポレーション・東京第一ホテル鶴岡は13日、明治維新後の西郷隆盛と旧庄内藩主・酒井忠篤公の交流を通じて酒井家に代々伝わる、鹿児島名物料理「鶏飯(けいはん)」を取り入れた食事メニュー「...

紀伊民報社

駅前に二偉人「そろい踏み」 弁慶像近くに盛平記念碑

 JR紀伊田辺駅前の弁慶広場(和歌山県田辺市湊)に、合気道の開祖・植芝盛平の記念石碑が移設された。仁王立ちしてにらみを利かす弁慶像と石碑。田辺三偉人のうち、「2人」が広場の両端にそろい踏みして、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク