全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宮良青年会 熱演の舞台

個性とユーモアあふれる舞台で住民らを楽しませた宮良青年会のサニズ演劇発表会=28日夜、宮良公民館

 発足100年の宮良青年会(東政太朗会長、会員20人)が28日夜、新公民館で初めて、伝統の第69回サニズ演劇発表会を開いた。「歓喜」をテーマに、会員らがユーモアと個性あふれる創作舞台などを披露し、来場した多くの住民らを楽しませた。  東会長が冒頭、「100代目会長です」と名乗ると会場に大きな拍手が響き、東会長は「先輩方が引き継いでくれた郷土愛を絶やすことなく継承していく」とあいさつした。  同会初の女性演劇部長・宇根底美咲さんの団旗入場で舞台が幕開け。第一部では「赤馬節」や「高那節」などの伝統舞踊が披露され、第二部では仮装や物まね、棒状の物が発光するサイリウムを使った芸など、若い感性が光る愉快な余興で会場を沸かせた。  同公民館によると、発表会は1947年に、当時の若者たちが戦後の荒廃した村で活気を取り戻そうと始めた伝統行事。  宮良公民館の前島邦広館長は「宮良村の青年として責任と自覚を持ち、常に前向きな姿勢で諸活動に頑張ってください」と激励。宮良老人クラブ寿会の石垣実佳会長が乾杯の音頭をとった。  このほか、宮良小学校の仲間一史校長、八重山特別支援学校の大田幸司校長、石垣市青年団協議会の大底翔会長、中山義隆石垣市長らがあいさつし、青年会を祝福した。  最後は万歳三唱の後、会場が一体となって宮良青年会歌と昭和歌謡を歌い締めくくった。

関連記事

荘内日報社

酒田港に最上級大型クルーズ船

 県と酒田市は23日、シルバーシー・クルーズ(本部・モナコ)が運航するモナコ船籍の大型クルーズ船「シルバー・ミューズ」(4万791総トン、乗客定員596人、クルー411人)が2021年4月、酒田市の酒田港に初寄港す...

紀伊民報社

巨大な落石防護柵 地滑りの兆候で対策

 地滑りの兆候が確認されている和歌山県田辺市上秋津の奇絶峡に、高さ5・5メートル、延長約150メートルの落石防護柵が設置された。柵の上60メートルの所にある直径約3メートルの巨石が転落しても止め...

漂着ごみ186キロ収集 龍北中生らリサーチきょら活動 龍郷町

 鹿児島県奄美大島龍郷町の龍北中学校(山縣祥美校長、生徒7人)と奄美海上保安部は23日、同町の嘉渡海岸で漂着ごみを調査する「リサーチきょら活動」を実施した。生徒たちは教諭9人、海保職員4人と共に...

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク