全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

中川村の陣馬形山でヒルクライム 定員200人を募集

参加を呼び掛ける関係者ら

 中川村の陣馬形山(1445メートル)を舞台にした自転車の登坂レース「信州なかがわ陣馬形山ヒルクライム」(同実行委員会主催)が9月30日に開かれる。村発足60周年記念事業の一環で、初めて企画。メインの「ロードバイク」など計3部門あり、定員計200人を募集。8月31日までインターネットで受け付ける。

 ヒルクライムは平たん地や下り坂を高速で走り抜けるレースと異なり、低速で走る安全性が確保されるなど初心者でも挑戦しやすいのが特徴。近年は国内外でレースが盛んに行われている。昨年、村が住民から募った60周年記念事業のアイデアとしてヒルクライムが挙がったのを契機に、陣馬形山周辺の観光振興と併せたイベントとして採用した。

 競技は、同村片桐の中川文化センターから陣馬形山頂までの11・5キロコースでタイムを競う「ロードバイク」「MTB(マウンテンバイク)+クロスバイク」のほか、同センターから同村大草の美里会館までの3・9キロコースで行う「エンジョイ」の計3部門。山頂までは標高差930メートル、平均斜度8・1%(最高斜度約15%)を駆け上がる。

 昨秋に村内の自転車愛好家や村職員らをメンバーとする実行委員会を発足し、開催に向けた準備を進めている。実行委では「苦しい坂を上り切った後、山頂から見渡せる伊那谷の展望をみんなで楽しんでほしい」と話している。

 申し込みなどは公式ホームページ(「陣馬形山ヒルクライム」で検索)を参照。問い合わせは村振興課(電話0265・88・3001)へ。

関連記事

「彩凛華」開幕 十勝川温泉に音と光の幻想

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第32回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華」(実行委員会主催)が28日、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。2月19日まで。  この日は午後7時に開演。...

おびひろ氷まつり3年ぶり歓声 緑ケ丘公園に回転そりや氷雪像

 十勝・帯広の“冬の風物詩”として知られ、今年で60回の節目を迎える「おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が27日午前、帯広市緑ケ丘公園で開幕した。回転そりや氷の迷路などのアクティビティ...

北羽新報社

子ども用品のリユースイベント好評 月1ペース能代で開催

 能代山本子育てサポートグループちゅちゅ(田中真理子代表)は今年度、子ども服やおもちゃなどを自由に持ち帰るイベント「ちゅちゅりゆーす」を始めた。4月からおおむね月1回のペースで続け、会場のマルヒコ...

長野日報社

諏訪圏工業メッセ 岡谷市民総合体育館で開催へ 長野県

 旧東洋バルヴ諏訪工場跡地(諏訪市)の建物閉鎖を受け、諏訪圏工業メッセ実行委員会は17日、今年10月に予定する「諏訪圏工業メッセ2023」は岡谷市民総合体育館を主会場に開催すると発表した。同市のテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク