全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

芸術家駅長と、まちへ 紀の国トレイナート開幕

ホームで「出発進行」の合図をする「アーティスト駅長」の芸術家ら(18日、田辺市湊で)

 和歌山県南部のJR紀勢線を舞台にした芸術イベント「紀の国トレイナート2018」(実行委員会主催)が18日に開幕した。田辺市の紀伊田辺駅では戴帽式があり、14人の芸術家が期間限定の「アーティスト駅長」に任命された。9月24日までの毎週末に多彩なイベントが企画されており、「アーティスト駅長」が案内役を務める。

 JR西日本和歌山支社の伊藤義彦支社長や真砂充敏田辺市長らが出席。伊藤支社長が、田辺市中屋敷町の杵村史朗さん(48)や串本町田並上の林憲昭さん(48)、白浜町十九渕出身で千葉県松戸市在住の榊貴美さん(35)、田辺市学園出身で東京都在住の須川まきこさん(44)ら14人の芸術家1人ずつに帽子をかぶせ、「アーティスト駅長」として任命した。  伊藤支社長は「今回は駅長がキーマンとなり、客と一緒にまちに行く。点と線が面になり、紀伊半島全体に広がり、元気になればと思う」。芸術家を代表し、荒井佑実さん(31)=東京都=が「駅から出て地域の魅力を伝えたい。皆さん楽しみましょう」と呼び掛けた。この後、芸術家らはホームに並び、新宮駅に向けて出発する列車の横で「出発進行」の合図をした。  実行委員会の廣本直子委員長は「今回は駅からまちに出て、出合ったことを伝えるという新しい取り組み。たくさんの人に参加してもらい、来年につなげたい」と話した。  開幕のイベントでは、立教大学(東京都)と清泉女子大学(同)の学生計5人がインターンシップ(就業体験)で手伝った。  トレイナートは2014年から毎年開催。今年は駅を飛び出し、地域の魅力を楽しむ「小旅行」を企画している。御坊―新宮間のアートに彩られる30駅舎を拠点に芸術家と一緒に各地域を探索する。参加の芸術家は23人(団体)。  9月24日までの期間中、白浜町椿で地上絵プロジェクトや料理イベント(25日)、串本―新宮駅のアート鑑賞や新宮鉄道の線路跡巡り(26日)、白浜巡り(31日)、串本町田原・田並巡り(9月9日)、すさみ町多世代交流施設でトークショー(15日)、太地町と那智勝浦町下里巡り(16日)、湯川―新宮駅のアート鑑賞や新宮巡り(22日)、紀州鉄道・西御坊駅―紀伊田辺駅のアート鑑賞(23日)、紀伊田辺駅で閉幕イベント(24日)などが企画されている。

関連記事

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

ZTF彗星 石垣島天文台が撮影成功 冬の夜空に緑の光

 石垣島天文台は1月31日明け方、ZTF彗星の撮影に成功した。  昨年3月に発見された彗星で、太陽光の影響で核の周りに明るい緑色の輝きを放つのが特徴。  今年1月から2月にかけて地球に接近する。1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク