全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

本物の恐竜化石を修復体験

 恐竜「エドモントサウルス」の実物化石の修復体験が17日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた豊橋市の川﨑さん一家4人が破片の接着などを行った。  修復した化石は、開催中の特別企画展「体感!恐竜ワールド」で開館以来、初めて展示している白亜紀のエドモントサウルスの腰骨(約80㌢、約30㌔)と、常設するボーンベッド(骨の地層)に並ぶ上腕骨など。  小学6年の姉・若奈さん(12)と弟の小学5年の拓貴君 (10)の2人はまず、折れている腰骨の一部の修復に挑戦。破片に接着剤をつけ、本体との接着面を動かさないよう数分間、緊張の面持ちで化石を握った。「すごいプレッシャーだったけど、うまくできた」と拓貴君。  その後、同博物館の顔となっているエドモントサウルスの全身骨格下のボーンベッドでは、長年の展示で劣化した細かな化石を液体の接着剤を使って補修。途中、動物化石を研究する同館学芸員の一田昌宏さんが「群れで生活していたので、大量の骨が同じ場所から出てくる。それを組み合わせて1体の全身骨格が作られています」などと説明。また、発掘作業の際には「環境調査のため研究者は化石の周りにある砂をなめて、粒のサイズを確かめる」などと“発掘あるある”も紹介した。  「恐竜を触って、もっと好きになりました」と若奈さん。158組の応募の中からチャンスを射止めた一家には作業後、“お給料”としてアンモナイトの化石が贈られた。

関連記事

荘内日報社

規格外野菜を地域循環 庄内アグリビジネス研究会 新ブランド商品開発

 農業が抱えるさまざまな課題の解決に取り組む庄内アグリビジネス研究会(主幹・農園貞太郎=酒田市引地、遠藤久道社長)は31日、酒田市の市産業振興まちづくりセンター「サンロク」で会見を開き、新たに立ち上...

24時間お肉をどうぞ 苫小牧の食肉業 市内5カ所に自販機設置

苫小牧市の食肉業あおやま(青山直樹社長)が、JR苫小牧駅自由通路など市内5カ所に設置した冷凍食肉の自動販売機が人気を呼んでいる。24時間いつでも気軽に肉が買える便利さからか、昨年末の販売開始以来、...

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク