全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

珍しいウナギの遡上 魚道の壁を進む

遡上する幼ウナギ(上)と垂直な魚道の壁に数匹がくねりながら進む

 夏の盛り、紀南の河川で絶滅危惧種のニホンウナギの幼魚が遡上(そじょう)している。垂直な魚道の壁に張り付くこともある。

 幼ウナギの遡上は、主に夜間に見られ、特に河川が増水した時に多く、県立自然博物館(海南市)は「なかなか遭遇できない珍しい夏の現象」と話している。  河川に造られたコンクリート製の魚道では、激しい流れを避けるため、全長15~20センチほどの幼ウナギ数十匹が垂直な壁に張り付き体をくねらせながら上流を目指している。体の引っかかりが良いのか、湿った所を選んでゆっくり進む。中には逆走したり、水中に落ちたりする幼ウナギも見られる。  ニホンウナギは、全長1メートルに達する。漁獲量は1970年代から減少を続けている。近い将来、野生での絶滅の危険性が高いとして、国際自然保護連合(IUCN)が絶滅危惧1B類に分類。環境省のレッドリストでも同様のランクに分類されている。激減の要因として過剰な漁獲や生息域の環境の変化などが挙げられる。

関連記事

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク