全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント

 子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参加し、普段入ることができない運転席に座り、操縦や案内放送など貴重な体験をした。  イベントは小学3~6年生が対象。豊橋駅前から貸し切り電車に乗った一行は、市内線営業所に立ち寄り、制御盤の仕組みや営業所の仕事などを勉強した。その後、赤岩口車庫内で、旧式の3500型に乗り込み、メインイベントとなる市電の操縦を試みた。  子どもたちは運転席に座り、加速を調整するハンドルとブレーキハンドルを緊張しながら動かし、45㍍区間を走行。急ブレーキになってしまい、苦笑いを浮かべる子もいた。操縦体験を心待ちにしていた安城市立安城西部小学校3年の岡田舜君(9)は「ブレーキの調整が難しかったけど、楽しかった」と話した。  また、運転士の制服を着て車内アナウンスをしたり、市電を洗車したりするなど日頃できない体験に心躍らせた子どもたち。最後は「運転体験証明書」を受け取り、夏休みの思い出を締めくくった。

関連記事

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみ...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

将来のまちづくり提案 児童生徒が意見交わす 石垣市民憲章推進協議会

 石垣市内の子どもたちが住みよい街づくりを考えるワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が16日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、平真小学校の児童と石垣第二中学校の生徒計33人が「...

長野日報社

「居酒屋公民館」を体感 伊那市横山で交流ツアー

 伊那市横山で16日、横山公民館での寄り合い「居酒屋公民館」を体感してもらう交流ツアーがあった。市内外からの参加者と横山区民、市職員ら約40人が、住民たちが用意した心づくしの料理を囲んで歓談。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク