全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

千里の浜に上陸、産卵したアカウミガメ(7月、みなべ町山内で)

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。

 同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の長さが約1・3キロなのに対し、上陸、産卵数の密度が高いという。アカウミガメは1シーズンに大体3回くらい産卵し、1回に100個から120個くらいの卵を産むとされる。  今シーズンの上陸期間は5月23日~8月10日で、初産卵は5月23日にあった。月別では7月が上陸、産卵が最も多く、上陸82回、産卵31回だった。最も上陸が多かった日は7月18日で7回上陸し、2回の産卵。最も産卵が多かったのは7月4日で上陸5回、産卵4回だった。  昨年の上陸期間は5月22日~8月22日で、上陸271回、産卵127回。今年は昨年と比べると、上陸回数で約4割減、産卵回数で半分以下になった。  過去10年では2015年の上陸176回、産卵82回が今年に次いで少なかった。最も多い年は12年で上陸728回、産卵293回だった。  ふ化は8月に入って始まっているという。

関連記事

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光...

「なつぞら」の十勝でバス旅 PR映像を公開

 路線バスを利用する旅を映像で紹介する「バスタビ北海道」の第5弾が、十勝を舞台に制作された。「北海道ファンマガジン」https://pucchinet/hokkaido/plan/bustabitokachiphpサイト内で公開されている。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク