全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

親子記者事業で長崎市訪問 「悲しい戦争二度と」 帯広

 日本非核宣言自治体協議会主催の「親子記者事業」に、帯広から稲田小4年の杉原編(あむ)さん(9)と母輝美さん(44)が参加し、7~11日に長崎市を訪問した。帯広からの参加は2011年度以来。2人は15日に帰帯報告で市役所を訪れ、編さんは「原爆で多くの人が亡くなったことを知り、二度と戦争をしてはいけないと思った」と語った。

長崎での活動を前田副市長に報告する(左から)杉原編さんと輝美さん

 事業は、原爆犠牲者慰霊平和祈念式典や平和活動に取り組む人などの取材と新聞作りを通じ、被爆の実相や平和の尊さを発信することが狙い。今年度は全国から170組の応募があり、抽選で9組が選ばれた。

 昨年の北朝鮮のミサイル発射の際に、編さんから「ミサイルって何」と聞かれた輝美さんが、親子で戦争や平和について考える機会にしようと応募。編さんは学校でもこれまで戦争について学んだことはないと言い、初めて戦争を身近に感じるきっかけになった。

 平和公園で、水を求めて亡くなっていった被爆者の慰霊のために噴水が設置されていることを知った編さんは、「かわいそうで悲しい気持ちになった」。取材活動では、式典参加のため長崎を訪れていた駐日フィリピン大使へのインタビューの機会も。日本が核兵器禁止条約に参加しないことをどう思うか聞いたところ、「賛成できない事情があるのではないか。安倍総理に直接聞いてみて」との答えをもらったという。

 報告を受けた前田正明副市長は「平和で安全な暮らしがいかに大切か知り、大きくなったら何ができるか考えるきっかけに」と期待した。編さんは長崎訪問を自由研究のテーマにする考え。また、「もっと戦争のことを学んで、大学生になったらスタッフ(事業をサポートする学生ボランティア)になりたい」と話す。

 9組が執筆した「親子記者新聞」は今月下旬に同協議会の会員自治体に配布される他、協議会ホームページでも見られる。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク