全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖上花火大会 70周年「諏訪湖劇場」

過去最多に並ぶ約4万3000発の花火が打ち上がった第70回諏訪湖祭湖上花火大会=岡谷市の諏訪湖畔

 第70回諏訪湖祭湖上花火大会(実行委員会主催)は15日夜、諏訪市の諏訪湖で開いた。「70周年記念 新・諏訪湖劇場開幕」との大会コンセプトを初めて設定し、水上スターマインやナイヤガラなど過去最多だった第60回に並ぶ約4万3000発が湖上を彩った。尺玉(10号玉)の打ち上げ台を増やすなど豪華さがアップ。小雨に見舞われたが途中でやみ、実行委発表で約50万人の見物客を魅了した。

 戦後、市民を元気づけようと1949年に始まり、年々規模を拡大して国内屈指の花火大会に成長した。実行委会長の金子ゆかり市長は「素晴らしく豪華な花火を用意した。最後まで見て帰ってほしい」とあいさつして点火。「バリバリバリ」というごう音とともに色鮮やかな花火が打ち上がり、開幕から観客を圧倒した。

 2部構成で計24セットを用意し、第1部の競技花火はこれまで別だった10号玉打ち上げとスターマインの競技を統合した。スターマインは1カ所から2カ所に打ち上げ場所を増やし、県内外煙火店10社が華やかさやアイデアを競った。

 事業所、個人の協賛金総額が8830万円と過去最高に上り、第2部も大型の花火が次々と登場した。終盤の尺玉大スターマインは、初めて初島以外の尺玉用の打ち上げ台として湖上に金属製の支えを10基設置。上空で直径320メートルに及ぶ大輪がワイドに打ち上がり、観客を沸かせた。

 半円状の花火が2方向から接近する諏訪湖ならではの水上大スターマイン「キス・オブ・ファイヤー」、全長2キロにわたる大ナイヤガラも派手に湖上を染め、フィナーレを飾った。

関連記事

自然に囲まれ音楽満喫 鹿追・然別湖畔で野外ライブ

 屋外で音楽を楽しむイベント「然別湖畔ミュージックライブ SOUND L・S」(実行委員会主催)が26日、然別湖畔特設会場で開かれた。好天の下、初夏の緑を映す湖畔をバックに演奏し、詰めかけた多...

北羽新報社

三種町の特産PR 3年ぶり世界じゅんさい摘み採り選手権 小舟操り収量競う

 三種町の特産・ジュンサイの魅力を発信する「世界じゅんさい摘み採り選手権大会」が26日、開催された。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨年と一昨年は中止しており、3年ぶりの実施。県内各地からの参...

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク