全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖上花火大会 70周年「諏訪湖劇場」

過去最多に並ぶ約4万3000発の花火が打ち上がった第70回諏訪湖祭湖上花火大会=岡谷市の諏訪湖畔

 第70回諏訪湖祭湖上花火大会(実行委員会主催)は15日夜、諏訪市の諏訪湖で開いた。「70周年記念 新・諏訪湖劇場開幕」との大会コンセプトを初めて設定し、水上スターマインやナイヤガラなど過去最多だった第60回に並ぶ約4万3000発が湖上を彩った。尺玉(10号玉)の打ち上げ台を増やすなど豪華さがアップ。小雨に見舞われたが途中でやみ、実行委発表で約50万人の見物客を魅了した。

 戦後、市民を元気づけようと1949年に始まり、年々規模を拡大して国内屈指の花火大会に成長した。実行委会長の金子ゆかり市長は「素晴らしく豪華な花火を用意した。最後まで見て帰ってほしい」とあいさつして点火。「バリバリバリ」というごう音とともに色鮮やかな花火が打ち上がり、開幕から観客を圧倒した。

 2部構成で計24セットを用意し、第1部の競技花火はこれまで別だった10号玉打ち上げとスターマインの競技を統合した。スターマインは1カ所から2カ所に打ち上げ場所を増やし、県内外煙火店10社が華やかさやアイデアを競った。

 事業所、個人の協賛金総額が8830万円と過去最高に上り、第2部も大型の花火が次々と登場した。終盤の尺玉大スターマインは、初めて初島以外の尺玉用の打ち上げ台として湖上に金属製の支えを10基設置。上空で直径320メートルに及ぶ大輪がワイドに打ち上がり、観客を沸かせた。

 半円状の花火が2方向から接近する諏訪湖ならではの水上大スターマイン「キス・オブ・ファイヤー」、全長2キロにわたる大ナイヤガラも派手に湖上を染め、フィナーレを飾った。

関連記事

十勝の肉丼食べ比べ 牛、豚、鶏…9種類に行列 清水

 肉の祭典「十勝清水 肉・丼(どんぶり)まつり」(実行委主催)が16日、町有明公園で開かれた。地元産の十勝若牛や豚、鶏、羊などを使った9種類の丼が集結し、大勢の家族連れが食を堪能した。  肉...

しぶき豪快 十勝路激走 ラリー北海道2018 陸別

 「ラリー北海道2018」(アジアパシフィックラリー選手権第4戦、全日本ラリー選手権第8戦、日本スーパーラリーシリーズ第4戦)が14日、帯広市内の北愛国サービスパークで開幕した。63台が出場。...

台湾で「沖縄ナイト」 売り子に八重高卒の3人

 【台北】台湾から沖縄への送客に感謝の気持ちを表す「沖縄ナイト」(主催・県、県観光コンベンションビューロー)が11日夜、台北市内のホテルで開かれ、サーバーを背負ってオリオンビールをサービスする売り...

長野日報社

下諏訪レガッタ開会式 全国郷土紙連合が名産品提供

 諏訪湖を会場にしたボート大会「第37回下諏訪レガッタ」(下諏訪町、町スポーツ協会、県ボート協会主催、長野日報社など後援)の開会式は8日夜、町役場で開いた。地元諏訪地方を中心に県内外から集まっ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク