全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

能代市は407人が式典に出席し、気持ちを新たに大人の仲間入りを喜んだ(市文化会館大ホールで)

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた対象者597人のうち468人が式典に出席し、社会を担う一員として「はたち」の第一歩を踏み出した。きょう15日は三種町と藤里町で行われる。

 能代市の成人式は市文化会館大ホールで行われ、平成9年4月2日~10年4月1日生まれの対象者529人(男性277人、女性252人)のうち、男性223人、女性184人の計407人が出席。出席率は76・9%で昨年の74・7%を上回った。
 式典では、斉藤市長がスタジオジブリの宮崎駿監督の「宝島なんてないと思っている子どもがたくさんいる。だけど、本当はそう思い込んで世界を狭くしているだけなんじゃないか」という言葉を紹介し、「これからは今までより広い世界に出てさまざまな経験をし、時には困難な壁にぶつかると思う。その時は決して諦めず、積極的にチャレンジする心意気を忘れないでほしい。これまで培った経験をもとに皆さんの若い力を存分に発揮し、いつか自分だけの宝島を見つけられるよう、心からご祈念いたします」と期待を寄せた。
 新成人を代表して秋田市在住の納谷健太さん(昇平岱出身、公務員)が登壇。「私たちは皆、社会人としての自覚を持ち、これまで以上に責任のある行動を取らなければならない。私は現在、幼い頃から憧れだった職業に就き、秋田市で働いている。楽しい時もつらい時もあるが、ふるさとの秋田に貢献できると感じられる誇りある仕事。まだまだ至らぬ点もあるが、能代、そして秋田の発展に協力できるよう精進していく」と力強く述べた。
 式典後は、実行委員会企画の記念行事として各中学校の卒業アルバムをスライドショーで上映。運動会や修学旅行などの写真がスクリーンに映し出されると、新成人は歓声を響かせていた。

関連記事

県独自の品種「夕焼け姫」

JAひまわりミカン初出荷  豊川市のJAひまわり管内で21日、温州ミカンの新品種「夕焼け姫」の出荷に備えた作業が始まった。上長山町の同JAみかん部会・清水貢さん(74)は10種類の柑橘類を育てており、...

荘内日報社

注連寺境内に「鉛筆碑」

 鶴岡市大網の注連寺(佐藤弘明住職)の境内にこのほど、「鉛筆碑」が建立された。注連寺の大天井画の鉛筆模画の縮小版を手掛けたマック美術研究所(東京都)代表の田中昭さん(73)が、鉛筆画のペンシルワーク...

奄美での「島活」に興味津々  東京・池袋でアイランダー18

 全国の島々が集い情報発信する〝島活〟イベント「アイランダー2018」(国土交通省 日本離島センター主催)が17、18の両日、東京・池袋のサンシャインシティー文化会館であった。2日間で延べ1万5...

紀伊民報社

白良浜も「冬支度」 防砂ネット取り付け

 白浜町は21日、白良浜に防砂ネットを取り付けた。冬に吹く北西からの風で砂が飛散しないようにするためで、白浜温泉街に冬の到来を告げる風物詩になっている。  町職員が午前9時から作業を始めた。約2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク