全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

田んぼで田植え体験 地域の農業を学ぶ

田植えを体験する白保小学校の5年生=11日午前、石垣市白保の多宇弘充さんの田んぼ(同校提供)

 白保小学校(仲皿利治校長、児童114人)の5年生20人は11日午前、白保登武野にある地域住民の多宇弘充さんの田んぼで田植えを体験した。

 豊年祭で奉納される「稲の一生」は児童も一緒に行うが、実際に稲作を体験した5年生が少なく、地域の農業や伝統行事に理解を深めてもらおうと実施した。  児童たちは体験前に多宇さんから手植えと機械植えの違いや植え付け時の注意について説明を聞いた後、作業をスタート。

 歩いて移動するのに四苦八苦しながらも列をつくり、稲の並びに気を付けながら丁寧に植え付けた。事前に製作していたかかし2体も田んぼに設置して、約100日後の豊作を願った。今後、稲の花の観察や収穫体験も計画している。

 石垣安梨さんは「稲作については社会科の授業で習ったが、実際に田植えしてみると、とても難しかった。機械で植え付けると早くてきれいにできるが、手で植えるのは大変だった」、宮良稀人君は「植え付けの時に苗は3~4本ずつということや、根に近い部分を優しく持って植えることは、実際に体験して初めて知った」、森朝斗君は「苗の並びや感覚を意識して植え付けることを初めて学んだ。農業を体験して学習し、どんな職業に就くかを考える時に生かしたい」とそれぞれ感想を語った。

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク