全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

公益大生がカフェ開設

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の学生有志でつくる地域おこし団体「Praxis(プラクシス)」(加藤雄大代表)は来月上旬、同市日向地区の空き部屋を活用してカフェサロン「AL COFFEE」をオープンする。加藤代表は「『限界集落』とされている日向地区の活性化に向け、地区内外の人の交流拠点施設にしたい」と意気込んでいる。

 加藤代表(20)=3年、山形市出身=らメンバー5人は年4学期制の第2クオーター(今年6―8月)、小関久恵講師(社会福祉学、社会福祉教育)が指導する長期学外学修プログラムを履修。毎週末に日向地区の民家に泊り込んで地区住民と地域課題を探りながら、解決方法を議論してきた。

 議論を重ねる中で一番の課題として挙げられたのは、人口減少が著しい同地区の活性化。まずはより多くの人から地区の「ファン」になってもらい、地区に携わる「関係人口」を増やすため、地域内外の人が集える施設を設置することにした。

 加藤代表は公益大入学後、ニュージーランドに留学した際にコーヒーが好きになったという。さらに酒田市内のカフェでアルバイトも経験、自家焙煎の技術も習得した。「カフェという空間は外と内をつなぐ力がある。地域内外の人、学生が集える場所を構築し、そこから地区の再興をスタートさせたい」(加藤代表)と考え、鳥海高原家族旅行村に続く道路沿いにある「手打ちそば 鳳来」(同市草津)の2階空き部屋を借り受け、カフェサロンをオープンさせることにした。

 先月29日に日向コミュニティセンターで開催された「Nico nicoマルシェ」で試験的にコーヒーを提供したところ、地区住民や行楽客から好評を得た。その後、「鳳来」2階の空き部屋にちゃぶ台、テーブル、椅子を設置して今月11日、一日限定でプレオープン。メニューは水出しコーヒー、ドリップコーヒーの2種でいずれも一杯200円。味わった人は「甘みを感じる」「酸味が少なく飲みやすい」「『下界』の暑さを忘れる空間」などと話した。

 本格オープンは9月上旬の週末を予定。オープン後は甘味メニューを加えたり、そばとのコラボレーションも視野に入れているという。加藤代表は「サロンでのプラクシス(実践)を通して、地区の活性化とともに、私たちメンバー自身も成長することができたら」と話している。問い合わせなどは加藤代表=電080(8216)7471=へ。

公益大学生が来月、カフェサロンをオープン。提供するコーヒーを入れる加藤代表=11日午前

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク