全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

観察窓にサケ大群 訪れた人喜ばす-千歳水族館

観察窓に現れたシロザケの群れ=14日午前9時30分すぎ

 サケのふるさと千歳水族館の水中観察窓に14日、シロザケの親魚の群れが現れた。その数、30匹超。婚姻色のブナの葉の色に似た「ぶな毛」の雄が目立ち、体長70センチ超の大物到来に訪れた人々が喜んでいる。

 水族館によると前日は日中に対岸で群れを確認。同日夕方には千歳川左岸の同館の観察窓にも姿を見せたという。今季観察窓で確認されたシロザケの遡上(そじょう)第1号は7月26日。歴代2位の早さで、銀白色を帯びた「銀毛」が残る雌の個体だった。

 14日午前8時20分すぎ、職員が観察窓で親魚群れを確認。水族館は「降雨で遡上するサケが増えたことに加え、盆期間(17日まで)は隣接するインディアン水車の試験捕獲が休止しており、サケが回遊しているのが要因」と説明する。今が間近にサケに出合えるチャンスのようだ。

 昨年に続き訪れた大阪の高校2年生菅隼人さん(17)は「去年より大きい」と言い、シロザケを見るのは初めてという旭川の小学3年生田中翔太君(8)は「大きくて顔が怖い」と驚いていた。

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク