全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

観察窓にサケ大群 訪れた人喜ばす-千歳水族館

観察窓に現れたシロザケの群れ=14日午前9時30分すぎ

 サケのふるさと千歳水族館の水中観察窓に14日、シロザケの親魚の群れが現れた。その数、30匹超。婚姻色のブナの葉の色に似た「ぶな毛」の雄が目立ち、体長70センチ超の大物到来に訪れた人々が喜んでいる。

 水族館によると前日は日中に対岸で群れを確認。同日夕方には千歳川左岸の同館の観察窓にも姿を見せたという。今季観察窓で確認されたシロザケの遡上(そじょう)第1号は7月26日。歴代2位の早さで、銀白色を帯びた「銀毛」が残る雌の個体だった。

 14日午前8時20分すぎ、職員が観察窓で親魚群れを確認。水族館は「降雨で遡上するサケが増えたことに加え、盆期間(17日まで)は隣接するインディアン水車の試験捕獲が休止しており、サケが回遊しているのが要因」と説明する。今が間近にサケに出合えるチャンスのようだ。

 昨年に続き訪れた大阪の高校2年生菅隼人さん(17)は「去年より大きい」と言い、シロザケを見るのは初めてという旭川の小学3年生田中翔太君(8)は「大きくて顔が怖い」と驚いていた。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク