全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

熊楠ゆかりの植物栽培

栽培を進めている南方熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(白浜町で)

 和歌山県白浜町の南方熊楠記念館は、熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(キツネノマゴ科)と「ハカマカズラ」(マメ科)の栽培に取り組んでいる。学術スタッフの土永知子さん(58)は「植物を身近に感じて、来館者に楽しんでもらえたら」と話している。  イセハナビは熊楠が自宅で育てていた花で、手紙や日記にも登場する。上富田町岩田出身の画家、稲田米花による熊楠の肖像画では熊楠の傍らに描かれており、この肖像画は記念館で見ることができる。  記念館では、土永さんが田辺市中屋敷町にある熊楠邸のイセハナビを1枝もらい、自宅で増やした50株を鉢で育てている。現在は小さな淡紫色の花を咲かせている。  ハカマカズラは熊楠が保全活動に尽力した田辺市の「神島」に自生。熊楠が種の保存を強く訴え、神島の保全活動のきっかけになった植物でもある。  8月初めに発芽させた苗を20株ほど植えて、成長を観察している。乾燥に強くて成長が早く、土永さんは荒れ地の緑化に活用できると考えている。

関連記事

荘内日報社

10月スタート新潟県・庄内エリアプレDC 庄内の魅力国内外へ発信

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)に向けたキックオフ会議が21日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。庄内地域全体や各市町で計73の観光...

宇部日報社

参道にヒガンバナ4万本

 山口市上小鯖の鰐鳴八幡宮(古屋倫史宮司)で、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれるヒガンバナが見頃を迎え、訪れた人の目を楽しませている。約200メートルの参道の両側に4万本ものヒガンバナが群生...

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

長野日報社

幸せの「高遠ダムパフェ」味わって 11月末まで限定提供

 伊那市は21日、高遠ダムを模したデザート「高遠ダムパフェ」を発表した。ダム湖に面した高遠さくらホテル(同市高遠町)と共同開発。信州の秋の味覚を代表するリンゴをふんだんに使い、ダム本体をジュレ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク