全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

熊楠ゆかりの植物栽培

栽培を進めている南方熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(白浜町で)

 和歌山県白浜町の南方熊楠記念館は、熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(キツネノマゴ科)と「ハカマカズラ」(マメ科)の栽培に取り組んでいる。学術スタッフの土永知子さん(58)は「植物を身近に感じて、来館者に楽しんでもらえたら」と話している。  イセハナビは熊楠が自宅で育てていた花で、手紙や日記にも登場する。上富田町岩田出身の画家、稲田米花による熊楠の肖像画では熊楠の傍らに描かれており、この肖像画は記念館で見ることができる。  記念館では、土永さんが田辺市中屋敷町にある熊楠邸のイセハナビを1枝もらい、自宅で増やした50株を鉢で育てている。現在は小さな淡紫色の花を咲かせている。  ハカマカズラは熊楠が保全活動に尽力した田辺市の「神島」に自生。熊楠が種の保存を強く訴え、神島の保全活動のきっかけになった植物でもある。  8月初めに発芽させた苗を20株ほど植えて、成長を観察している。乾燥に強くて成長が早く、土永さんは荒れ地の緑化に活用できると考えている。

関連記事

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

限定の特大シジミ 大樹・生花苗沼で一日だけの漁

 大樹町内の生花苗沼(オイカマナイトー)で17日、1年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は、殻長が5センチ以上になる特大サイズのシジミを、泥の中から懸命に手で掘り出していた。  大樹...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク