全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

おびひろ平原まつり開幕 夢バルーン今年も

会場に訪れた来場者らがバルーンリリースを行い、華々しく開幕したおびひろ平原まつり

 帯広の短い夏を熱気で包む「第71回おびひろ平原まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が14日午後0時半に開幕した。16日までの3日間、帯広市内の平原通(西2南7~11)や広小路、駅北多目的広場「夢の北広場」を舞台に、大道芸や盆おどりなど多彩なイベントで平成最後の夏祭りを盛り上げる。

 開会式では、同推進委会長の米沢則寿帯広市長が「十勝最大の夏祭りを皆さんと迎えられた。今年60周年となる盆踊りでは1400人を超える人が平原通を埋め尽くして踊る。思い出に残る夏休みにしてほしい」とあいさつ。

 開会パフォーマンスとして、「北の大地de大道芸フェスティバル」に出演する伊藤佑介さん、ダメじゃん小出さんの2人がけん玉の妙技などを披露して会場を沸かせた。

 昨年の70周年記念行事として行われた「おびひろの平和と夢バルーンリリース」が今年も実施された。来場者は丸形の風船を手にして「帯広の平和と夢」を願い、実行委員会の類家直人委員長の開会宣言と同時に十勝の空に放つと、会場はファンファーレと大きな歓声に包まれた。

 昨年に続きバルーンリリースに参加した女児(4)は、今年は色鮮やかなピンクの風船を空に放ち、「きょうもできて良かった。お祭りが楽しみ」と笑顔で話していた。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク