全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

大地揺るがす万雷の響き 岡谷太鼓まつり開幕

大地にとどろく鼓動を響かせた岡谷太鼓まつりの300人揃い打ち

 真夏の岡谷を万雷の和太鼓演奏で盛り上げる市民祭「第49回岡谷太鼓まつり」が13日、同市中央町のイルフプラザ広場を主会場に開幕した。幅60メートルのメインステージで、”豪壮無比、至難の技”と称賛される「岡谷太鼓300人の揃い打ち」など、大地を揺るがすような迫力の演奏を披露。力強い鼓動が県内外から詰め掛けた観衆を圧倒した。祭りは本祭りの14日も太鼓演奏や市民踊りなどが行われる。

 祭りは岡谷太鼓保存会の打ち手10人による演奏に続き、今井竜五市長の砂切太鼓で開幕。最大の見所の300人揃い打ちは前後半2回行われ、同保存会所属の18チームが「風林火山」「天竜暴れ太鼓」など合わせて6曲を披露した。「磨く」と銘打った企画ステージは、50回の節目を来年に控え、岡谷太鼓を立ち上げた先人たちの思いを、現在の打ち手たちがさらに磨き上げよう―と思いを込めた。3曲のうち、岡谷市の水源の一つ、横河川上流の地名に由来する「のりであらし」は女性のみのチームで演奏。太鼓への情熱を込めた力強い響きが観衆を魅了した。

 会場周辺では市民踊り「MINAKOIわっさか」のコンテスト「フリースタイル」の演舞があり、子どもから一般まで7チームがエネルギッシュに躍動。各種市民団体がさまざまな芸能を披露する「ふれあい広場」も多くの人でにぎわった。夕方の雨もメインステージ開幕前には上がり、大きな影響もなく無事に終了した。

 14日は、正午から子ども、長持ち、みこし連が会場周辺をパレード。メインステージの和太鼓演奏は午後6時20分から始まる。「MINAKOIわっさか」は午後6時30分から、参加者が大きな輪を作り踊る総踊り「GOTTA☆みなこい!!」などを行う。

関連記事

自然に囲まれ音楽満喫 鹿追・然別湖畔で野外ライブ

 屋外で音楽を楽しむイベント「然別湖畔ミュージックライブ SOUND L・S」(実行委員会主催)が26日、然別湖畔特設会場で開かれた。好天の下、初夏の緑を映す湖畔をバックに演奏し、詰めかけた多...

北羽新報社

三種町の特産PR 3年ぶり世界じゅんさい摘み採り選手権 小舟操り収量競う

 三種町の特産・ジュンサイの魅力を発信する「世界じゅんさい摘み採り選手権大会」が26日、開催された。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨年と一昨年は中止しており、3年ぶりの実施。県内各地からの参...

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク