全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

古里の良さ再確認 酒田で初の「三十路式」

 初の「酒田三十路(みそじ)式」が12日、酒田市のベルナール酒田で開かれ、地元内外の30歳の男女が集い、古里・酒田を通じたつながりを再確認した。後援した市や酒田商工会議所などが専用ブースを設け、地元企業への就職や、U・I・Jターン、移住促進の支援施策などをPRした。

 結婚や出産、転職などさまざまな人生の転機を迎える30歳の人たちが集まり、交流を深めるもので、全国的に開催が増えている。同市では有志5人が今年5月ごろから準備。旧交を温めるだけでなく、人口減少や人手不足といった地域課題を見据え、地元への移住や就職などをアピールする場にしようと、市や酒田商工会議所、酒田青年会議所の後援、地元約40社の協賛を得て開いた。

 参加者は目標通り約100人。うち約2割が山形市など酒田市以外からで、キッズスペースを設けたこともあり、子連れの人もいた。会場には特別協賛の3社がPRブース、市が子育て支援や移住・定住の支援策などをPRする各ブースを設置。また、地元企業が豚肉やハム、メロン、せんべいなどを現物支給し、開催を支援した。

 あいさつに立った実行委員長の鈴木麻友さん(29)=酒田市本町三丁目、会社員=は「自分もUターン組だが、酒田に帰ってきて良かったと思っている。人とのつながりがあり、海や山が近く、アウトドア好きにはたまらない土地。ここで再会し、過去を振り返り、これから見えてくる未来もあるはず。酒田のつながりを感じて」と呼び掛けた。

 先のインターナショナルワインチャレンジ(IWC)SAKE部門で最高賞のトロフィーを受賞した東北銘醸(同市)の受賞酒が入った酒だるで鏡開き。丸山至市長と弦巻伸酒田商工会議所会頭が祝辞で「何事もやりがいある時期。夢を持って頑張って」「酒田に移住し、酒田の力になって」など呼び掛けた。参加者は、地元食材を使った料理を食べながら、楽しそうに懇談した。

 鈴木さんは「実質1カ月間の準備でこれだけ多くの人に集まってもらい、うれしい。再びつながり、新たな出会いや、仕事にプラスになれば。来年以降も続き、恒例行事になることを願う」と話した。

酒田で初めて開催された三十路式で、楽しそうに懇談する参加者たち

関連記事

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

厚真神社お披露目 復旧した姿に笑顔 鎮守の杜マルシェ

胆振東部地震で社務所や鳥居などが大きな被害を受けた厚真神社の復旧をお披露目するイベント「鎮守の杜(もり)マルシェ」が24、25両日、同神社で開かれた。神事の茅の輪くぐりや手水舎(ちょうずや)に花々...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク