全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

中学生が八重山舞踊学ぶ 八重山民俗舞踊保存会

八重山の踊りワークショップで八重山民俗舞踊保存会の師範らに所作を教わる中学生ら=12日午後、石垣市健康福祉センター検診ホール

 八重山民俗舞踊保存会(赤山正子会長)の師範らが郡内の中学生へ八重山の踊りを教える「夏の挑戦・八重山の踊りワークショップ」(同保存会主催)が11日から2日間、石垣市健康福祉センター検診ホールで初めて開かれ、生徒約40人が、八重山を代表する舞踊「鷲ぬ鳥節」の習得に励んだ。

 同ワークショップは、夏休み期間を利用し八重山の文化に触れることで、郷土に誇りを持ち、他校生との交流の場としてもらうことが目的。

 同保存会の師範や教師など17人が、鷲ぬ鳥節の歌詞や振り付けの意味を解説し、扇子や足の動かし方などを伝授。生徒らは真剣な表情でプロの動きを観察し、両日とも2時間半の稽古を行った。

 友人に誘われて参加した笠原夏花さん(白保中1年、12)は「最初は簡単そうに見えたけど、意外と筋肉を使うし振りが難しい。八重山舞踊に興味が出てきた」とはにかんだ。学校の郷土芸能部で地謡をしているという根間龍空飛(りゅくと)君(石垣第二中1年、13)は「たまには踊りをやってみたいと思って参加した。ゆっくりだから簡単かと思ったが、細かい動きが難しい」と渋い表情だった。

関連記事

無病息災願い獅子頭の舞い 与那国で伝統行事「シティ」

 【与那国】ドラや太鼓、笛の鳴り物を伴い獅子頭が厄払いのために島内を練り歩き、島内の魔物を島外へ追い払う伝統の行事「シティ」(節祭)が3日、行われた。  日没とともに獅子頭を先頭に、公民館役員...

双方の織りの魅力紹介 久米島と八重山の織物展

 久米島紬は1975年、八重山上布と八重山ミンサーは89年に国の伝統的工芸品に指定。いずれも琉球王朝時代の過酷な貢納布の歴史があり、現在も優れた染織技術が継承されている。  同展は久米島紬事業協...

田原で「全国丼サミット」開幕

 各地のご当地丼料理を味わえる食のイベント「全国丼サミットinたはら2018」(実行委員会主催)が10日、2日間の日程で田原市野田町の芦ヶ池農業公園「サンテパルクたはら」で開幕した。東海3県で初開催...

紀伊民報社

弁慶映画祭が開幕

 第12回「田辺・弁慶映画祭」(実行委員会主催、紀伊民報など協賛)が9日、和歌山県田辺市新屋敷町の紀南文化会館で開幕した。11日までの3日間で計19作品を上映。新人監督対象のコンペティション部門...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク