全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

羽黒初戦突破ならず

 第100回全国高校野球選手権記念大会(兵庫県西宮市・阪神甲子園球場)6日目の10日、1回戦3試合が行われ、山形県代表の羽黒(15年ぶり2回目)は第3試合に登場。奈良県代表の奈良大付属(初出場)と対戦し、1―4で敗れた。

 羽黒の先発は2年右腕の篠田。左の好打者が並ぶ奈良大付属の上位打線に計8安打を打たれたが、8回3分の2を投げ無四死球の粘り強い投球を見せた。打線は初球から積極的に振りにいったが、奈良大付属の主戦を最後まで打ち崩すことができなかった。

 羽黒は初回、連続安打を許した後、守備の乱れも絡んで先制点を奪われた。篠田は変化球の制球に苦しんだものの、2回以降は140キロ台の切れのある直球を主体に試合をつくった。3、4回は得点圏に進塁を許すが粘り強く投げ無失点で切り抜けた。しかし、5回に甘く入った変化球を右中間に運ばれて2点本塁打を許した。

 3点を追う羽黒は5回、1死から篠田が内野安打で出塁。盗塁を絡めて2死二塁とし、鈴木の中前適時打で1点を返した。7回には2死から篠田、渡部の下位打線が連続安打で得点機をつくるが、後続が打ち取られた。

 羽黒の篠田は6回に三者三振を奪い、続く7回は左翼塩崎の好守も飛び出し三者凡退に抑えた。終盤、犠飛で1点を奪われるが、中堅中島の背後へのダイビングキャッチと本塁好返球の2つの好プレーで最少失点にとどめ、最終回の反撃に望みをつないだ。

 羽黒は9回、先頭の藤沼の中前安打から1死一、二塁と好機を広げたが、あと一本が出なかった。

9回裏、中堅中島の本塁への好返球で追加点を阻む

関連記事

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

紀伊民報社

熊楠ゆかりの植物栽培

 和歌山県白浜町の南方熊楠記念館は、熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(キツネノマゴ科)と「ハカマカズラ」(マメ科)の栽培に取り組んでいる。学術スタッフの土永知子さん(58)は「植物を身近に感じて、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク