全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

羽黒初戦突破ならず

 第100回全国高校野球選手権記念大会(兵庫県西宮市・阪神甲子園球場)6日目の10日、1回戦3試合が行われ、山形県代表の羽黒(15年ぶり2回目)は第3試合に登場。奈良県代表の奈良大付属(初出場)と対戦し、1―4で敗れた。

 羽黒の先発は2年右腕の篠田。左の好打者が並ぶ奈良大付属の上位打線に計8安打を打たれたが、8回3分の2を投げ無四死球の粘り強い投球を見せた。打線は初球から積極的に振りにいったが、奈良大付属の主戦を最後まで打ち崩すことができなかった。

 羽黒は初回、連続安打を許した後、守備の乱れも絡んで先制点を奪われた。篠田は変化球の制球に苦しんだものの、2回以降は140キロ台の切れのある直球を主体に試合をつくった。3、4回は得点圏に進塁を許すが粘り強く投げ無失点で切り抜けた。しかし、5回に甘く入った変化球を右中間に運ばれて2点本塁打を許した。

 3点を追う羽黒は5回、1死から篠田が内野安打で出塁。盗塁を絡めて2死二塁とし、鈴木の中前適時打で1点を返した。7回には2死から篠田、渡部の下位打線が連続安打で得点機をつくるが、後続が打ち取られた。

 羽黒の篠田は6回に三者三振を奪い、続く7回は左翼塩崎の好守も飛び出し三者凡退に抑えた。終盤、犠飛で1点を奪われるが、中堅中島の背後へのダイビングキャッチと本塁好返球の2つの好プレーで最少失点にとどめ、最終回の反撃に望みをつないだ。

 羽黒は9回、先頭の藤沼の中前安打から1死一、二塁と好機を広げたが、あと一本が出なかった。

9回裏、中堅中島の本塁への好返球で追加点を阻む

関連記事

長野日報社

赤く染まる横谷観音展望台 紅葉が見頃に

 茅野市蓼科中央高原の紅葉が見頃を迎えた。横谷渓谷を眼下に望め、市街地が遠望できる横谷観音展望台(標高1600メートル)はカエデ類が色鮮やかになっている。  同高原観光案内所によると、最近の...

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク