全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ベルマークで被災地支援 中学生が呼び掛け

地元のスーパーに手作りの回収箱とポスターを設置する生徒(上富田町朝来で)

 和歌山県上富田町岩田の上富田中学校(大江則人校長、392人)は夏休み期間中、被災地の支援に役立てようと、地域にも広く呼び掛けてベルマークを集めている。

 ベルマークとは、ベルマーク教育助成財団の協賛企業の商品などに付けられているマーク。学校やPTA単位でマークを集めて財団に送付すると学用品などを購入できる。

 同校では毎年ベルマーク運動に取り組んでいる。昨年度までは自分たちの学校の備品購入に充てていたが、本年度は西日本豪雨や大阪府北部地震といった自然災害が多いことを受け、被災地の支援に役立てることを決めた。寄付先などは同財団から示される候補から選ぶことになっており未定。

 夏休み前に生徒会と福祉委員会のメンバーが中心となって全校生徒に呼び掛けたほか、スーパーや図書館など町内9カ所にも協力を依頼して回収箱とポスターを手分けして設置した。  上富田町朝来のAコープ「アピア」にはこのほど、生徒会副会長の宮本瑛大君(15)と福祉委員会の岡崎一颯君(14)が訪れ、回収箱などを設置した。  宮本君は「少しでも被災地の役に立てれば」、岡崎君は「被災した人たちのために、協力をお願いしたい」と話した。

関連記事

「アニアニまある」に新しい仲間を

豊川市ふるさと納税のクラウドファンディングでポニー購入へ  豊川市がふるさと納税制度を使ったクラウドファンディングで資金を募り、赤塚山公園(市田町)のふれあい動物広場「アニアニまある」に新...

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク