全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

再会に笑顔 お盆の帰省ラッシュピーク 十勝

帯広駅で再会に笑顔を見せる家族

 お盆を十勝で過ごす人たちの帰省ラッシュがピークを迎えている。札幌からのJRや都市間バス、東京-帯広間の空の便は朝から満席の便が多くなっており、JR帯広駅でも久々の再会に笑顔を見せる家族らの姿が見られた。

 帯広駅では11日午前、札幌から帯広への特急列車が3本到着。列車はいずれも満席で、家族らが駅内で到着を待った。札幌市の男子児童(11)はいとこの元を訪れるため、小学3年の弟と2人で「スーパーとかち1号」に乗り、午前11時ごろ到着。2人だけで帯広に来たのは初めてで、「少し疲れたけど、着いてよかった」とほっとした表情。迎えた叔母の佐々木恵さん(41)=帯広市=は「豚丼を食べさせたり、ホコテンのイベントに連れて行ってあげたい」と笑顔で話していた。

 JR北海道によると札幌発は13日ごろまで混み合う。帯広-札幌間の都市間高速バス「ポテトライナー」も13日までほぼ全便満席。日本航空とエア・ドゥの帯広へ向かう空の便も、14日まで混み合っている。

 札幌行きのJRやバスは14、15日、東京行きの飛行機は16~19日ごろの便が混み合っている。

関連記事

荘内日報社

森林保全活動で杉の苗木を植栽

 鶴岡市の羽黒高校(牧静雄校長)の3年生たちが26日、学校新校舎建設の木材を切り出した学校創設者関連企業の所有する市内の森林で、杉苗の植栽活動に取り組み、森林の整備や保全活動への理解を深めた。  20...

紀伊民報社

甘酸っぱい香り漂う 梅の塩漬け本格化

 梅の本場である和歌山県みなべ町や田辺・西牟婁で、主力品種「南高」の熟した実を塩に漬け込む作業が本格化している。1次加工である「白干し梅」にする作業で、作業場には甘酸っぱい香りが漂っている。梅雨...

北海道十勝フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワ...

宇部日報社

ブルーベリー狩り楽しむ、新鮮な甘酸っぱさ人気

 山口市阿東徳佐下の友清りんご園(友清光博代表)で、ブルーベリーが収穫期を迎えた。甘酸っぱい旬の味覚を求めて、多くの来園者が「ブルーベリー狩り」を楽しんでいる。7月20日ごろまで。    約20...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク