全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

家族と笑顔で会話しよう

 鶴岡市温海地域にゆかりのある有志でつくる鶴岡まちづくり塾温海グループ(馬場合リーダー)は、世代間交流推進と地域愛の醸成を図ろうと、啓発ポスターを作製した。市内各所に掲示され、帰省者や地元で暮らす若者らに「家族と笑顔で会話を交わすことのできる今の時間を大切に」と呼び掛ける。

 ポスターの発案は、同グループサブリーダーの五十嵐丈さん(25)=同市関川=。進学先の県外の大学から帰省して祖父母らと話す機会に、ふと「あと何回こうしたおしゃべりができるだろうか」と感じたのがきっかけという。「地元を離れた人が年間10日間帰省するとして、30年間で単純計算しても、機会はすごく少ない。逆に地元にいても、祖父母から昔話を聞くのは親戚の集まる機会だけだったりする。希少さに気付いてもらい、こうした機会を大切にしてもらいたい」と思いを語る。

 ポスターは2017年から企画し、写真撮影などを経て8月に完成。温海に暮らす50―70代計36人の笑顔が見る人を歓迎し、帰省の機会などでの家族らとの会話を促す内容となっている。同まちづくり塾の助成を活用して200部作製。A2判。お盆シーズンを前に、温海地域の公共施設や市内の商業施設など各所に配布し掲示している。

 同塾は、市民行政協働の推進の中で若者のエネルギーをまちづくりに生かそうと鶴岡総合研究所が2009年度に設置。市内の6地域ごとにグループをつくって活動。温海グループは、市温海庁舎総務企画課内に事務局を置き、市職員を含む有志計13人で組織。これまでにご当地Tシャツや方言LINEスタンプの作成・販売、イベント出店などの情報発信をメーンに取り組んでいる。

ポスターを持つ発案の五十嵐さん。「聞く人、話す人の笑顔が生まれれば」。

関連記事

宇部日報社

小中学校で給食再開

 宇部市内の公立小・中学校は、1日から給食を再開した。消毒など新型コロナウイルス対策が徹底される中での実施となったが、子どもたちは友達と一緒に久しぶりの給食を楽しんだ。    岬小(内田京子校長...

「畜大の酒」スタート 「碧雲蔵」試験醸造 帯広

 帯広畜産大学の構内に整備した酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」で1日、試験醸造が始まった。上川大雪酒造(上川管内上川町)の杜氏(とうじ)の川端慎治さんの指導を受け、スタッフらが麹(こうじ)づくりに取...

北羽新報社

能代バスケミュージアムが移転再開

 能代市が平成24年に開設した「能代バスケミュージアム」が1日、同市柳町でリニューアルオープンした。手狭だった畠町から展示スペースが3倍になった空き店舗へ拠点を移し、高校バスケットボールの伝統校・...

長野日報社

多「酒」多彩に酒蔵ツーリズム 伊南地域がモデルに

国税庁の「酒蔵ツーリズム推進事業」で、全国16カ所のモデル事例対象地域の一つに長野県の駒ケ根市、飯島町、宮田村、中川村の伊南地域が公募で選ばれた。伊南DMO設立準備会が申請していたもので、日本...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク