全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

家族と笑顔で会話しよう

 鶴岡市温海地域にゆかりのある有志でつくる鶴岡まちづくり塾温海グループ(馬場合リーダー)は、世代間交流推進と地域愛の醸成を図ろうと、啓発ポスターを作製した。市内各所に掲示され、帰省者や地元で暮らす若者らに「家族と笑顔で会話を交わすことのできる今の時間を大切に」と呼び掛ける。

 ポスターの発案は、同グループサブリーダーの五十嵐丈さん(25)=同市関川=。進学先の県外の大学から帰省して祖父母らと話す機会に、ふと「あと何回こうしたおしゃべりができるだろうか」と感じたのがきっかけという。「地元を離れた人が年間10日間帰省するとして、30年間で単純計算しても、機会はすごく少ない。逆に地元にいても、祖父母から昔話を聞くのは親戚の集まる機会だけだったりする。希少さに気付いてもらい、こうした機会を大切にしてもらいたい」と思いを語る。

 ポスターは2017年から企画し、写真撮影などを経て8月に完成。温海に暮らす50―70代計36人の笑顔が見る人を歓迎し、帰省の機会などでの家族らとの会話を促す内容となっている。同まちづくり塾の助成を活用して200部作製。A2判。お盆シーズンを前に、温海地域の公共施設や市内の商業施設など各所に配布し掲示している。

 同塾は、市民行政協働の推進の中で若者のエネルギーをまちづくりに生かそうと鶴岡総合研究所が2009年度に設置。市内の6地域ごとにグループをつくって活動。温海グループは、市温海庁舎総務企画課内に事務局を置き、市職員を含む有志計13人で組織。これまでにご当地Tシャツや方言LINEスタンプの作成・販売、イベント出店などの情報発信をメーンに取り組んでいる。

ポスターを持つ発案の五十嵐さん。「聞く人、話す人の笑顔が生まれれば」。

関連記事

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

個性豊かな凧、大空へ 3年ぶり、全国から愛好家や市民集う 石垣島凧あげ交流..

 2022年第20回石垣島凧あげ交流会第10回全国シャクシメー大会(石垣島凧あげ大会実行委員会主催)が26日、南ぬ浜町人工ビーチで開催された。全国からの愛好家や地元の子どもたちら約150人が参加し、夏至南風...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク