全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

運行1周年祝う JR特急パンダくろしお

運行1周年を迎えたパンダくろしおと一緒に記念写真を撮る家族ら(白浜町のJR白浜駅で)

 車両の先端がパンダの顔をした、JR西日本の特急列車「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」の運行1周年記念イベントが5日、和歌山県白浜町のJR白浜駅であり、乗客や地元住民らが祝った。

 ラッピング列車は、JR西日本とアドベンチャーワールド(白浜町)の共同企画。京都駅から新宮駅間を走る特急に導入。車体の外装や車内の座席カバー、扉にも同施設の動物を描いている。  この日、天王寺発のパンダくろしおが180人の利用客を乗せて白浜駅に到着。家族旅行で来た大阪府和泉市の自営業、木村透さん(43)は、息子聡介君(3)の希望だったといい、聡介君は「楽しかった」と喜んだ。  構内では、パンダくろしおをデザインした特大のバースデーケーキを飾り、白浜町西富田小学校1年生の森山瑛斗君(6)ら4人が「ハッピーバースデー」を元気に歌った。会場には和歌山の観光PRキャラクター「わかぱん」とアドベンチャーワールドのパンダキャラクターが駆け付け、子どもたちの人気を集めた。  アドベンチャーワールドの動物たちとの触れ合い体験コーナーもあった。利用客は記念写真を撮るなどして楽しんだ。  アドベンチャーワールドでは、パンダくろしおのプラレール展示会も催した。  JR西日本和歌山支社の三輪順平さんは「パンダくろしおの注目度は高い。皆さまのご協力を得て1周年を迎えることができた。今後も地元の皆さまとともにもり立てていきたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

悪疫退散 祈りの大輪

 新型コロナウイルス感染症の終息を願うとともに花火で笑顔を届けたいと、1日午後8時、全国各地で花火が一斉に打ち上げられた。「よみがえりの地」と呼ばれてきた熊野本宮でも、世界遺産・熊野本宮大社(和...

宇部日報社

小中学校で給食再開

 宇部市内の公立小・中学校は、1日から給食を再開した。消毒など新型コロナウイルス対策が徹底される中での実施となったが、子どもたちは友達と一緒に久しぶりの給食を楽しんだ。    岬小(内田京子校長...

「畜大の酒」スタート 「碧雲蔵」試験醸造 帯広

 帯広畜産大学の構内に整備した酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」で1日、試験醸造が始まった。上川大雪酒造(上川管内上川町)の杜氏(とうじ)の川端慎治さんの指導を受け、スタッフらが麹(こうじ)づくりに取...

北羽新報社

能代バスケミュージアムが移転再開

 能代市が平成24年に開設した「能代バスケミュージアム」が1日、同市柳町でリニューアルオープンした。手狭だった畠町から展示スペースが3倍になった空き店舗へ拠点を移し、高校バスケットボールの伝統校・...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク