全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

重文遺跡11日から特別展 帯広百年記念館

当時の発掘現場の再現ジオラマも設置され、展示作業が進む会場

 帯広市が所有し、近く国の重要文化財(重文)に指定される「八千代A遺跡」の特別企画展「八千代A遺跡とその時代~縄文らしさの始まり~」が11日から、帯広百年記念館2階特別展示室で開かれる。出土した土器や石器、ドングリといった堅果類など約200点を展示する。9月17日まで。

 八千代A遺跡の出土品一括580点は3月、重文に指定するよう国の文化審議会が答申。縄文時代早期の生活の様子を解明する上で学術的価値が高いとされる。

 展示会場には遺跡をイメージできるよう、発掘作業中の住居跡を模したオブジェも設置。発掘当時の写真パネルや説明資料なども飾られる。期間中は初日の講演会など、関連イベントも予定されている。

 10日には開幕に向けた大詰めの準備が進められ、同館の山原敏朗館長は「重文に指定される貴重な出土品を見てほしい」と呼び掛けている。企画展は午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。入場無料。

関連記事

荘内日報社

鶴岡南高生と鶴岡駅前商店街振興組合が連携 27日「鶴お菓子まつり」開催

 県立鶴岡南高校の2年生5人と、鶴岡駅前商店街振興組合が連携して、「菓子」をテーマにした駅前活性化イベント「鶴お菓子まつり」の開催に向けて準備を進めている。27日(土)、FOODEVERとマリカ広場で...

紀伊民報社

巡礼道の写真展 姉妹道提携20周年で

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産熊野本宮館で19日、熊野古道とスペインのサンティアゴ巡礼道の姉妹道提携20周年という記念の年に合わせ、二つの道を愛した写真家として知られるスペインのルイス・オカニ...

厚真などで研究者ら合同調査 胆振東部地震の大規模地滑り現場

 厚真町で最大震度7を観測した胆振東部地震を受け、日本応用地質学会と日本地すべり学会北海道支部は18、19両日、山崩れが多発した同町を中心に合同で現地調査を行った。大規模な地滑りの状況やメカニズ...

ファイターズカフェ開業 球団、道産食材アピール-新千歳空港

 プロ野球北海道日本ハムファイターズは19日、新千歳空港国内線ターミナルビル3階で初の直営カフェレストラン「FIGHTERS DINING ROSTER(ファイターズ・ダイニング・ロスター)」を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク