全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川工高と特別支援学校の陸上交流10年目

 長年交流を続ける県立豊川工業高校(佐藤泰嗣校長)と豊川特別支援学校(藤井毅校長)高等部の陸上競技部が9日、市陸上競技場で夏休み恒例の合同練習会で汗を流した。  ちょうど10年目を迎える恒例の交流行事には、豊川工から21人、特別支援から14人が参加。グループごとに分かれ、豊川工の部員が普段実践している体操や、ハードルを使った体幹強化のためのウォーミングアップトレーニングを指導した。  1周400㍍のトラックではグループ対抗リレーを実施。一人200㍍を走り、豊川工の生徒から特別支援へ、また特別支援の生徒から豊川工へとバトンが渡され、互いに声援を送り合った。  毎年秋に豊川工が駅伝大会の県予選に出場する際、特別支援の生徒がメッセージ入りの応援旗を持って激励に駆け付けるなど、授業や清掃でも交流がある。豊川工の主将で、今月インターハイにも出場した近藤幸太郎さん(3年)は「みんな陸上を楽しんで、もっと好きになってほしい。応援してくれているので、期待に応えたい」と都大路出場を誓った。  特別支援の陸上競技部も、9月15日に刈谷市で行われる障害児者のスポーツ大会「愛ぴっく体育大会」に出場する予定で、顧問の教員も「豊川工業さんが積極的にコミュニケーションを取ってくれて、いい機会になった」と感謝した。

関連記事

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

紀伊民報社

熊楠ゆかりの植物栽培

 和歌山県白浜町の南方熊楠記念館は、熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(キツネノマゴ科)と「ハカマカズラ」(マメ科)の栽培に取り組んでいる。学術スタッフの土永知子さん(58)は「植物を身近に感じて、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク