全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇宙担当相、IST視察 「ベンチャーにも支援」 大樹

IST稲川社長(右)の説明を聞く松山担当相

 宇宙政策を担当する松山政司内閣府特命担当相が8日、町内のロケット開発ベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)を視察した。松山担当相は「政府としてもできる限りの支援をしたい」と述べ、宇宙ベンチャー施策に力を入れる考えを示した。

 政府は宇宙ベンチャーに今後5年で官民合わせ1000億円を投入し、2030年代に宇宙関連産業の市場規模を、現在の2倍の約2兆4000億円に拡大する目標を示している。

 宇宙交流センターSORA(そら)では、稲川社長が小型人工衛星の打ち上げロケットを開発するISTの事業概要を説明。松山担当相は町浜大樹の発射場、町芽武の本社・工場などを見て回り、観測ロケットMOMO(モモ)2号機打ち上げ時(6月30日)に推力を喪失した原因検証の現状や3号機に向けた取り組みについて聞いた。

 松山担当相は視察後、「(ISTは)ベンチャー企業として大変頑張っている。(打ち上げ)実験は希望通り(の結果)にならなかったが、ぜひ次もチャレンジしてほしい。ベンチャーにも宇宙航空研究開発機構(JAXA)からの支援ができないか相談したい」と話した。

 視察に先立ちSORAで稲川社長、酒森正人町長、鈴木千秋町議会議長と意見交換。酒森町長は町やとかち航空宇宙産業基地誘致期成会など4団体からの、航空宇宙施設の大樹への立地を求める要望書を手渡した。

 少子化対策も担当する松山担当相は9日、ふるさと納税を活用している上士幌町の認定こども園ほろんも訪れた。

関連記事

長野日報社

赤く染まる横谷観音展望台 紅葉が見頃に

 茅野市蓼科中央高原の紅葉が見頃を迎えた。横谷渓谷を眼下に望め、市街地が遠望できる横谷観音展望台(標高1600メートル)はカエデ類が色鮮やかになっている。  同高原観光案内所によると、最近の...

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク