全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

移動式ビアガーデン開店 新得の松永さん夫妻 道内初

 6年前に千葉県から移住した町上佐幌在住の松永正宗さん(39)、尚子(しょうこ)さん(29)夫妻が、キッチンカーで十勝をはじめ道産の樽(たる)生クラフトビールなどを出張・販売する事業を始めた。車両でのビール販売は道内初の試みといい、松永夫妻は「夢のスタート台にしたい」と駆け回っている。

ビールバス「On Your Side」を始めた松永さん夫妻(左)

 二人三脚で手掛けるビールバスの屋号は「On Your Side(あなたのそばに)」。各種イベントだけでなく、個人宅やキャンプ、バーベキュー、パーティー会場にも出張する。車体のイラストは、高校時代の友人で美唄市在住の漫画家中川ホメオパシーさんが協力し、人目に付くカラフルなボディーが完成した。改造に際しては新得署に相談、ビールの移動販売車両は「前例がない。道内では1台目」だそう。全国でも5台ある程度という。

 車内には5台のサーバーが並び、少量生産している5種類のクラフトビールが楽しめる。町内の「はら農場」(原大知代表)が、自ら栽培したソバを使って製造しているビール「SOBACO(そばこ)」や、「帯広ビール」(帯広市)の商品などを扱う。

 真夏日となった7月31日夜、町内の会社員寺尾智也さん(41)、聡子さん(44)宅に出張し、寺尾さん夫妻は「庭先にいて、おいしいビールが飲めるなんて最高」と開放的な気分で乾杯していた。

 松永さんは日高管内平取町出身。東京の専門学校を卒業後、民間会社に就職。2013年に北海道へUターンし、共働学舎新得農場でチーズ製造や農業を経験した。千葉県のビアパブで2年間働いた経験を生かし「新得に根差して地域を盛り上げたい」と、栄養士の資格を持つ妻尚子さんと“移動式ビアガーデン”の経営を決意した。「地元の食材を利用して健康面にも配慮したメニューも提供していきたい」と夢は膨らむ。

 「SOBACO」は350ミリリットルグラスで800円。利用者の要望があれば、道内どこでも出張に応える。飲みたいビールの取り寄せも可能。移動距離1時間以上、50キロ以上は出張費用が別途必要。予約・問い合わせは同店beer.onyourside@gmail.comへ。

関連記事

長野日報社

赤く染まる横谷観音展望台 紅葉が見頃に

 茅野市蓼科中央高原の紅葉が見頃を迎えた。横谷渓谷を眼下に望め、市街地が遠望できる横谷観音展望台(標高1600メートル)はカエデ類が色鮮やかになっている。  同高原観光案内所によると、最近の...

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク