全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊作感謝、世果報願う 与那国島祖納で豊年祭

豊年祈願で棒踊りスナイを奉納する西公民館棒座の皆さん=5日、祖納の十山御願

 【与那国】町内豊年祭の最後を飾る祖納の東、西、嶋仲で構成する「祖納自治公民館連絡協議会」(会長・真謝喜八郎西自治公民館長)は5日、「十山御願」(とぅやまうんがん)=祖納=で豊年祭を行い、この1年の収穫への感謝と向こう1年の豊年を祈願した。午前は子供会、農協などの各団体のおみこしが集落内をパレードした後、午後から「十山御願」で各館の芸能を奉納した。

 真謝館長はあいさつで「豊作に感謝してゆがふ(世果報)を願う」と喜びを述べ、外間守吉町長は「島の生産高は人口が同じくらいの多良間村と比べ3分の1でしかない。農家の生産力に期待したい」とあいさつした。

 JA与那国支店長の瑞慶覧隆氏は、この1年間の作柄などの経過報告を行い、奉納芸能では独特で強烈な「ンヌン」(太鼓)の連打で座開きした後、舞踊「来夏節」や歌劇要素を取り入れた「豊年歌劇」などを踊った。

 棒踊りの演舞では六尺棒を振り回し、子どもたちも負けじと三尺棒で踊った。「スラ棒踊」(ンビチ棒とも言う)の独特の演舞に会場から花銭が投げられ指笛が飛び交った。夜は同御願でドゥンタが行われ、祭り火がたかれた境内で住民が火の回りを囲んだ巻き踊りで無病息災を願った。

関連記事

昔ながらの遊びなど体験 青少年の家まつり

 スポーツや昔ながらの多彩な遊びが体験できる「青少年の家まつり&遊びリンピック」(県立石垣青少年の家、県教育委員会主催)が17日、青少年の家で開かれ、家族連れを中心に730人(主催者発表)がイベン...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

紀伊民報社

福祉に関心を ふれあい文化祭

 和歌山県田辺市文里2丁目のガーデンホテルハナヨアリーナで16日、第25回ふれあい文化祭(実行委員会主催)が始まった。舞台発表や飲食物の販売などがあり、多くの人でにぎわっている。17日まで。  ...

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク