全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊作感謝、世果報願う 与那国島祖納で豊年祭

豊年祈願で棒踊りスナイを奉納する西公民館棒座の皆さん=5日、祖納の十山御願

 【与那国】町内豊年祭の最後を飾る祖納の東、西、嶋仲で構成する「祖納自治公民館連絡協議会」(会長・真謝喜八郎西自治公民館長)は5日、「十山御願」(とぅやまうんがん)=祖納=で豊年祭を行い、この1年の収穫への感謝と向こう1年の豊年を祈願した。午前は子供会、農協などの各団体のおみこしが集落内をパレードした後、午後から「十山御願」で各館の芸能を奉納した。

 真謝館長はあいさつで「豊作に感謝してゆがふ(世果報)を願う」と喜びを述べ、外間守吉町長は「島の生産高は人口が同じくらいの多良間村と比べ3分の1でしかない。農家の生産力に期待したい」とあいさつした。

 JA与那国支店長の瑞慶覧隆氏は、この1年間の作柄などの経過報告を行い、奉納芸能では独特で強烈な「ンヌン」(太鼓)の連打で座開きした後、舞踊「来夏節」や歌劇要素を取り入れた「豊年歌劇」などを踊った。

 棒踊りの演舞では六尺棒を振り回し、子どもたちも負けじと三尺棒で踊った。「スラ棒踊」(ンビチ棒とも言う)の独特の演舞に会場から花銭が投げられ指笛が飛び交った。夜は同御願でドゥンタが行われ、祭り火がたかれた境内で住民が火の回りを囲んだ巻き踊りで無病息災を願った。

関連記事

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕 帯広美術館

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク