全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊作感謝、世果報願う 与那国島祖納で豊年祭

豊年祈願で棒踊りスナイを奉納する西公民館棒座の皆さん=5日、祖納の十山御願

 【与那国】町内豊年祭の最後を飾る祖納の東、西、嶋仲で構成する「祖納自治公民館連絡協議会」(会長・真謝喜八郎西自治公民館長)は5日、「十山御願」(とぅやまうんがん)=祖納=で豊年祭を行い、この1年の収穫への感謝と向こう1年の豊年を祈願した。午前は子供会、農協などの各団体のおみこしが集落内をパレードした後、午後から「十山御願」で各館の芸能を奉納した。

 真謝館長はあいさつで「豊作に感謝してゆがふ(世果報)を願う」と喜びを述べ、外間守吉町長は「島の生産高は人口が同じくらいの多良間村と比べ3分の1でしかない。農家の生産力に期待したい」とあいさつした。

 JA与那国支店長の瑞慶覧隆氏は、この1年間の作柄などの経過報告を行い、奉納芸能では独特で強烈な「ンヌン」(太鼓)の連打で座開きした後、舞踊「来夏節」や歌劇要素を取り入れた「豊年歌劇」などを踊った。

 棒踊りの演舞では六尺棒を振り回し、子どもたちも負けじと三尺棒で踊った。「スラ棒踊」(ンビチ棒とも言う)の独特の演舞に会場から花銭が投げられ指笛が飛び交った。夜は同御願でドゥンタが行われ、祭り火がたかれた境内で住民が火の回りを囲んだ巻き踊りで無病息災を願った。

関連記事

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク